「励みになりました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「励みになりました」とは?ビジネス用語【一語】

「励みになりました」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「励みになりました」とは?

これは、モチベーションになると同じような意味で使用できる言葉です。

「励み」は、「励む」という動詞が名詞化されたものになります。

そして「励む」は、何かに精を出すような意味の表現になるのです。

なお、「励みになる」とすれば、行動の原動力になるような意味に変化します。

つまり、モチベーションと同じ意味で「励み」という言葉を使用できるのです。

なお、「なる」「なります」にすれば丁寧語になります。

そして「なりました」で過去形に変化するのです。

たとえば、「お客様の声が励みになりました」と使用できます。

これらのことから、この言葉がモチベーションになると同じような意味で使用できるものであると分かるのです。

「励みになりました」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある仕事で困難な状況になったとします。

しかし、周囲の応援を心の支えとして、何とか乗り切る事ができたのです。

このようなケースで、「周囲の応援が励みになりました」と伝えるとよいでしょう。

これにより、モチベーションになったことを、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「励みになりました」の表現方法に注意するべきです。

これは「モチベーションになりました」に変更可能です。

また、「原動力になりました」「心の支えになりました」が類似表現と言えるでしょう。


「励みになりました」を使った例文

例文のように、前段に加える言葉次第で、それぞれ違う印象を持つ表現にできるのです。

・『皆様の応援が励みになりました』
・『部長の言葉が励みになりました』
・『家族の存在が励みになりました』

「励みになりました」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「励みになりました」の類似表現

たとえば、「モチベーションになりました」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「励みになりました」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「励みになったのです」に言い換えできます。

なお、これはどちらも丁寧語を使った表現になっているのです。

まとめ

このように、モチベーションになると同じような意味で、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。