スポンサーリンク

「本件について承知いたしました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「本件について承知いたしました」とは?ビジネス用語【一語】

「本件について承知いたしました」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「本件について承知いたしました」とは?

はじめに「本件について承知いたしました」の意味を解説していきます。

「本件」は、「この件」と同じ意味で使われる言葉です。

また、「承知」「聞いて引き受ける」ことを示す言葉です。

これらのことから「この件は分かった」という内容を、丁寧な言葉で表現したのが「本件について承知いたしました」だと言えるのです。

「本件について承知いたしました」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「本件について承知いたしました」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが上司から依頼を受けたとします。

依頼内容は細かいため、5分ほど説明を受けました。

このような場合には、「本件について承知いたしました、任せてください」と述べるとよいでしょう。

相手は、依頼された内容がしっかりと理解されたことを認識するはずです。

この言葉を使う場合の注意点は、抽象的になっていることです。

あなたの示す本件は、相手が思っている本件と合致しているのでしょうか。

確実な場合はよいですが、齟齬が発生する可能性があるのなら、この表現を使用するのは避けるべきでしょう。

「本件について承知いたしました」を使った例文

ここでは「本件について承知いたしました」を使った例文を挙げていきます。

例文のように、承知した表現はバリエーションがあります。

状況に応じて柔軟に使い分けるとよいでしょう。

・『本件について承知いたしました』
・『本件について承知しました』
・『本件についてかしこまりました』

「本件について承知いたしました」の類語や敬語での言いかえ

それでは「本件について承知いたしました」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「本件について承知いたしました」の類似表現

まず「本件について承知いたしました」の類似表現について解説します。

「本件」「当件」「この件」と言い換えられます。

表現は異なりますが、意味は概ね同じになります。

「本件について承知いたしました」の敬語表現

つぎに「本件について承知いたしました」を別な敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

たとえば「本件についてかしこまりました」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「本件について承知いたしました」は、相手に自分が承ったことを返答する丁寧で便利な言葉です。

ただし、抽象的な表現の部分もあるので、状況によっては具体的表現に言い換えることも、検討するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました