スポンサーリンク

「要するに」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「要するに」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「要するに」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「要するに」とは?

「要するに」は、要点をまとめるような場面で使用できる言葉です。

たとえば、「要するに辞退するということですね」のように使用できます。

このようにすれば、相手の発言を要約して何かを述べているような印象の表現になります。

ここでの「要」は、「要点をまとめる」のような意味になります。

つまり、結論を明確にするような主旨で、このような言い回しを利用できるのです。

このことから、「要するに」という言葉が、要点をまとめるような場面で使用できると分かるのです。

「要するに」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「要するに」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、ある会社に提案していたとします。

すると、相手側から、とても遠回しな表現で、不採用の可能性を感じさせるような発言があったのです。

このような場合には、「要するに当社の提案は不採用ということでしょうか」と述べるとよいでしょう。

これにより、要点だけをまとめるようなことを、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「要するに」の使い方に注意しましょう。

これは、「要点をまとめますと」のように、少し丁寧な言葉遣いにする方法もあります。

このように言い換えれば、より丁寧な印象を相手に与えられるのです。

実際の状況に応じてて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「要するに」を使った例文

「要するに」を使った例文を挙げます。

例文のように、「要約すると」と同じような意味合いで私用すると、自然な使い方ができるのです。

・『要するに何が仰りたいのでしょうか』
・『要するに不採用ということでしょうか』
・『要するに当社では不足があるということですか』

「要するに」の類語と敬語での言いかえ

「要するに」の類語と敬語を解説していきます。

「要するに」の類似表現

「要するに」の類似表現には、「要約すると」があります。

「要するに」「要約すると」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

なお、他にも、「要点をまとめると」などの類似表現でも代用が可能です。

「要するに」の敬語表現

「要するに」を敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「要点をおまとめいたしますと」に言いかえできます。

なお、この場合は、謙譲語と丁寧語を用いた敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「要するに」は、要点をまとめるような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました