スポンサーリンク

「精査した上で」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「精査した上で」とは?ビジネス用語【一語】

「精査した上で」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「精査した上で」とは?

「精査した上で」は、詳しく調べてから何かをする場合に使用できる言葉です。

「精査」「詳しく調べる」「しっかり調査する」などの意味を持ちます。

これに動詞の「する」を組み合わせれば「精査する」になります。

これを連用形や過去形の形にしたのが「精査した」なのです。

ここでは「精査した上で」と表現しています。

つまり、「精査してから」何かをしようとしている事が分かります。

つまり、「精査した上でご返答差し上げます」のように、精査した後に実行する何かを続けて述べる必要があると分かるのです。

「精査した上で」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「精査した上で」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、ある企画書を受け取ったとします。

その企画の内容は、しっかりと調べてから判断を下すべきものでした。

このような場合には、「しっかり精査した上で、ご返答いたします」と述べるとよいでしょう。

これにより、詳しく調べてから返答することを、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「精査した」の使い方に注意しましょう。

これを「精査しました」とすれば丁寧語になります。

また、他にも尊敬語で「精査なさった」、謙譲語で「精査いたした」のように言い換えできます。

このように、様々な形に変形して「精査した」を言いかえる事ができるのです。

使用する相手や状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「精査した上で」を使った例文

「精査した上で」を使った例文を挙げます。

例文のように、精査した上で「何をするのか」を続けて述べると、自然で分かりやすい表現を作成できるのです。

・『精査した上で、ご回答いたします』
・『精査した上で、判断したいと思います』
・『精査した上で、連絡するようにいたします』

「精査した上で」の類語と敬語での言いかえ

「精査した上で」の類語と敬語を解説していきます。

「精査した上で」の類似表現

「精査した上で」の類似表現には、「吟味した上で」があります。

「精査」「吟味」は、同じようなニュアンスで使用できる言葉なのです。

「精査した上で」の敬語表現

「精査した上で」を敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「精査いたした上で」に言いかえできます。

この場合は、謙譲語の「いたす」を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「精査した上で」は、詳しく調べてから何かをする場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました