スポンサーリンク

「精一杯努力いたします」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「精一杯努力いたします」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「精一杯努力いたします」について解説をします。

スポンサーリンク

「精一杯努力いたします」とは?意味

力の限りを尽くします、持っている力のすべてを出します、といった意味です。

やる気を示す言葉です。

「精一杯」には、持っている力のすべてを出すことという意味があります。

100の力を持っていたら、100を出すつもりであることが「精一杯」が意味するものです。

しかし、実際には100持っていて100を出すことは難しく、できる限りという意味合いで用います。

「努力」は力の限りを尽くすという意味です。

物事に一生懸命に励むことをいいます。

「いたし」「いたす」のことで「する」の謙譲語です。

自分の側の行為を低めて表現することで、相手に対して敬意を表します。

「いたします」の形で使われることが多いです。

「ます」は敬意を表す語です。

「精一杯努力いたします」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、あいさつの際や決意表明をするとき、採用面接のときなどに使用をします。

採用面接では、この会社に入ったら何をやりたいですか、という質問を受けることがあります。

質問を受けた側は、会社に入ってから自分がやりたいことを述べます。

そして、それを一所懸命やろうという気持ちを表したいときに、このような言葉を使用します。

採用されたら、その部署などの人に対してあいさつをします。

あいさつの際に一生懸命頑張る気持ちを表したいときに、このような言葉を述べます。

「努力いたします」「努力する所存です」とすることもできます。

「所存です」とすると「考えです」という意味になります。

「所存です」では「つもりだ」というように聞こえて、強い決意を感じられません。

「いたします」の方が決意を感じられる表現です。

「精一杯努力いたします」を使った例文

・『精一杯努力いたします。どうぞよろしくお願いします』

「精一杯努力いたします」の返答や返信例

採用面接の場合は、やりたいことをさらに詳しく聞いたり、別の質問に移ったりします。

採用されてからのあいさつの場合は、応援の言葉をかけるとよいでしょう。

相手はやる気を持っているので、その気持ちを応援してあげます。

長くその場所で働いていると現実を知っていて、「そんなにうまくいかない」など思うこともあるでしょう。

しかし、頑張ろうという気持ちを損なうようなことを述べるのは望ましくありません。

まとめ

この言葉は、面接やあいさつの際に使われることが多いです。

話し手のやる気を示す言葉です。

言葉でやる気を示すだけでなく、実際に行動をして成果を出すことで評価を得ることができます。

実際の行動も伴うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました