スポンサーリンク

「先だってご連絡」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「先だってご連絡」とは?ビジネス用語【一語】

「先だってご連絡」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「先だってご連絡」とは?

「先だってご連絡」は、何かの事象に対して前もって連絡するような場面で使用できる言葉です。

「先だって」とは、「先立つ」という動詞が変形したものです。

このように語尾を活用することで、言葉を組み合わせて使用できるようになるのです。

また、「先立つ」は、「何かよりも順番が前になる」「他よりも先行する」との意味を持ちます。

さらに「連絡」とは「つながりをつける」という意味を持ちます。

ビジネスで使用する場合は、電話やメールなどの具体的な手段を指し示して「ご連絡」と表現できるのです。

「先だってご連絡」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「先だってご連絡」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、ある会議に招待されていたとします。

しかし、会議を有効に進めるために、事前に相手に連絡する事にしたのです。

このような場合には、「週末の会議に向けて、先だってご連絡いたしました」と述べるとよいでしょう。

これにより、会議というイベントに対して、前もって連絡する事を表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「先だって」の使い方に注意しましょう。

これは「前もって」「事前に」などで言いかえる事ができます。

どれも同じような意味を持ちますが、少し印象の違う言葉でもあります。

使用する状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「先だってご連絡」を使った例文

「先だってご連絡」を使った例文を挙げます。

例文のように、何に先立つのかを付け加えるようにすると、自然な文章を作成できるのです。

・『会議に先だってご連絡差し上げます』
・『イベントに先だってご連絡いたします』
・『プロジェクトに先だってご連絡申し上げます』

「先だってご連絡」の類語と敬語での言いかえ

「先だってご連絡」の類語と敬語を解説していきます。

「先だってご連絡」の類似表現

「先だってご連絡」の類似表現には、「前もってご連絡」があります。

「先だって」「前もって」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「先だってご連絡」の敬語表現

「先だってご連絡」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「先立ちましてご連絡」に言いかえできます。

この場合は、丁寧語の「ます」を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「先だってご連絡」は、何かの事象に対して前もって連絡するような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました