スポンサーリンク

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」とは?ビジネス用語【一語】

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」という言い回しについての解説です。

スポンサーリンク

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」とは?意味

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」は、相手側に対して、何かを渡すという行動を実行するために相手がいる場所に行ってもよいかと確認する意味を持ちます。

よって、「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」は、相手に許可を取り、相手に何かを渡すために行動してもよいかを確認するワードです。

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」は、相手側に対して丁寧な姿勢で何かを渡すために相手がいる場所に行って余暇を聞く場合に使用します。

なので、注意点としては、この言葉は、丁寧さを重点にしているため、相手側に対して恐れ多いという姿勢で接するか、あくまで丁寧に接するかの2択であることです。

つまり、へりくだりすぎるか、へりくだらずに丁寧さだけを重視するかの2択を重視し、相手の返事をうかがうのです。

要は、相手側の返事をうかがう際、相手側が来てくれていいよと答えると思われるのはへりくだりか、丁寧に接するかを選ぶということです。

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」を使った例文

・『お渡ししたいものがありますので、お渡しに伺ってもよろしいでしょうか』
・『では、12時にお渡しに伺ってもよろしいでしょうか』

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」の返答や返信例

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」についての返答及び返信は、相手側が何かを渡すためにそちらに言ってよいかと述べているのですから、許可するか、しないというのが答えです。

よって例をあげますと、許可をする場合、「では○○時にお越しください」と言えば、相手と○○時に会う約束ができ、入れ違いになる心配がありません。

逆に否定する場合、「だめです」とか、「これから会議なので会うことはできません」と言えば、相手と会うことを否定する回答になります。

まとめ

「お渡しに伺ってもよろしいでしょうか」は、謙虚さと丁寧さを重視した言い方で、これをかなり謙虚な姿勢にする場合、「お渡しにお伺いしてもよろしいでしょうか」となります。

謙虚な姿勢を強くすれば印象としては、相手を恐れすぎているという姿勢で物に接していると相手が理解するのであまりに謙虚すぎるというのはビジネスでは考えものです。

この言葉の利点は、相手の許可を得ようとする際、丁寧に事を収めようとすることが可能である点で、謙虚さを合わせることで丁寧さを強調できるのでビジネスなんかではよく使用されるテンプレートのような言葉になります。

タイトルとURLをコピーしました