スポンサーリンク

「ご返答申し上げます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご返答申し上げます」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「ご返答申し上げます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ご返答申し上げます」とは?

「ご返答申し上げます」は、「返答する」との意味で使用される言葉です。

ここでは、謙譲語と丁寧語を使うことで、より丁寧な表現に言いかえています。

「返答」「何かに対する答え」を意味します。

そして、接頭語の「ご」を付与して、「ご返答」とすることで、相手への敬意を示しています。

また、「申し上げる」「言う」を意味する謙譲語です。

これは、「申す」よりも、さらにかしこまった表現だと言えます。

このようにして、相手への深い敬意を表現できるのです。

なお、語尾に付与している「ます」は、丁寧語になっています。

これを付与することによって、文章全体を丁寧な言葉にできるのです。

「ご返答申し上げます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ご返答申し上げます」を使用する場合、どんな使い方になるでしょうか。

たとえば、あなたが顧客から案件の相談を受けたとします。

お願いしたい仕事があるが、対応できるかを返答してほしいという内容でした。

そおして、その質問には、即答できないのでした。

このような場合は、「来週までには、ご返答申し上げます」と述べるとよいでしょう。

これによって、相手に対して敬意を示す言葉で、返答するという事を伝達できるのです。

この言葉を使用するときは、「申し上げる」の使い方に注意しましょう。

これは、非常に丁寧な表現だと言えます。

そのため、使う場面を間違えると、過剰な表現のように聞こえてしまうのです。

この言葉に見合ったフォーマルな場面においてのみ、使用するように注意するべきなのです。

「ご返答申し上げます」を使った例文

「ご返答申し上げます」を使った例文を挙げます。

このように、「いつ」「誰が」などを表す言葉を加える事で、分かりやすい文章を作成する事ができます。

・『明日までには、ご返答申し上げます』
・『本日中に、私からご返答申し上げます』
・『この件については、別途ご返答申し上げます』

「ご返答申し上げます」の類語と敬語での言いかえ

「ご返答申し上げます」の類語と敬語を解説していきます。

「ご返答申し上げます」の類似表現

「ご返答申し上げます」の類似表現には、「ご返答いたします」があります。

「申し上げます」「いたします」は、この場合においては、同じ使い方をしても成立するのです。

「ご返答申し上げます」の敬語表現

「ご返答申し上げます」を別な表現にするとどうでしょうか。

たとえば、「ご返答差し上げます」に言いかえできます。

まとめ

このように「ご返答申し上げます」は、相手に返答すると伝えるフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました