スポンサーリンク

「お答えいただければと存じます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「お答えいただければと存じます」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「お答えいただければと存じます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「お答えいただければと存じます」とは?

「お答えいただければと存じます」は、敬語や丁寧語で言いかえられたものです。

これを純粋な意味のみで表現すると、「答えてもらえればと思う」という内容になります。

「いただく」「もらう」の謙譲語です。

これを「いただける」と変形すれば、実現可能を表現できます。

さらに「れば」は仮定を示す言葉です。

そして、「存じます」じゃ「思う」を意味する謙譲語の「存ずる」に、丁寧語の語尾「ます」を付与したものなのです。

「お答えいただければと存じます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「お答えいただければと存じます」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが議論していたとします。

相手は形勢が悪くなったので、あなたの質問を回避するようになりました。

このような場合には、「私の質問には、しっかりとお答えいただければと存じます」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手に対して丁寧な態度で、答えるように要求できるのです。

この言葉を使うときには、「存じます」の使用方法に注意しましょう。

これは「思います」の意味であるため、相手への要求の程度が弱いのです。

そのため、明示的な言葉が必要な場面には適していないので、おぼえておくとよいでしょう。

「お答えいただければと存じます」を使った例文

「お答えいただければと存じます」を使った例文を挙げます。

例文のように、「何に」「いつまでに」などを表す言葉を加えると、自然な文章を作成できることでしょう。

・『こちらの設問に、お答えいただければと存じます』
・『私の質問に、しっかりとお答えいただければと存じます』
・『こちらのアンケートは、明日までにお答えいただければと存じます』

「お答えいただければと存じます」の類語と敬語での言いかえ

「お答えいただければと存じます」の類語と敬語を解説していきます。

「お答えいただければと存じます」の類似表現

「お答えいただければと存じます」の類似表現には、「お答えいただければと思います」があります。

「存じます」「思います」は、同じ意味の言葉であり、同じように使用できるのです。

「お答えいただければと存じます」の敬語表現

「お答えいただければと存じます」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「お答えくださればと存じます」に言いかえできます。

まとめ

このように「お答えいただければと存じます」は、相手に答えてもらうためのフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました