「ありますか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ありますか」とは?ビジネス用語【一語】

「ありますか」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「ありますか」とは?

「ありますか」は、「あるか」という疑問文を丁寧にしたものです。

ここでは、丁寧語の「ます」を使用して、これを実現しています。

「あるか」を丁寧にするのは、実はもうひとつ方法があります。

それは「です」を使用する方法です。

丁寧語の語尾には「ます」「です」の二つの選択肢があるのです。

ただし、「です」を使用する場合には、少し工夫が必要です。

「あるでしょうか」のように、「です」の疑問形にも工夫が必要なのです。

このように、シンプルな「ある」とい動詞を、丁寧な疑問文にするだけでもバリエーションがあります。

言葉の選択肢を増やすことが、表現力の向上につながるのです。

「ありますか」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ありますか」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、商品販売のため、接客していたとします。

顧客は購入を考えていましたが、色々な不安点を抱えていました。

あなたは販売スタッフとして、その不安が解消されるように、丁寧に説明していたのでした。

このような場合には、「他に不安点はありますか」と問いかけるとよいでしょう。

この言葉を使用する場合には、「ありますか」の変形バリエーションに注意しましょう。

「ありますか」「ございますか」「あるでしょうか」など、選択肢があります。

相手や状況に応じて、最適な言葉を選択する必要があるのです。


「ありますか」を使った例文

「ありますか」を使った例文を挙げます。

例文のように、あるかを質問する対象を先に述べると、分かりやすい疑問文を作成できるはずです。

また、「ありますか」に複数の表現パターンがあるため、状況に応じて柔軟に使い分けるとよいでしょう。

・『他に不明な点などは、ありますか』
・『何か必要となるものは、ありますか』
・『これ以外に持参するべきものは、ありますか』

「ありますか」の類語と敬語での言いかえ

「ありますか」の類語と敬語を解説していきます。

「ありますか」の類似表現

「ありますか」の類似表現には、「あるか」があります。

「ありますか」から丁寧語の「ます」を除去したものが「あるか」です。

そのため、純粋な意味は同じであり、類似の表現として成立すると言えるのです。

「ありますか」の敬語表現

「ありますか」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「おありですか」に言いかえできます。

まとめ

このように「ありますか」は、相手に「あるか」を問いかけるためのフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。