スポンサーリンク

「不明点」とは?慣用句やビジネスでも使える言葉を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「不明点」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「不明点」とは何を意味する言葉なのでしょうか。

今回は、「不明点」の意味と類似表現について解説します。

スポンサーリンク

「不明点」とは?

「不明点」とは、「物事のうちはっきりとしておらずよくわからないところ」を意味する言葉です。

「不明点」の使い方や使われ方、使うときの注意点

「不明点」が意味するのは「明確ではない点」です。

「明確」とは「はっきりとしていて間違いのないこと」を意味する言葉なので「不明点」はその逆にあたる「はっきりとしておらず間違っている可能性があること」となります。

実際に「不明点」という言葉が使われるときは理解しようとする人にとっての明確さ、つまり「受け取る上でのわかりやすさや理解しやすさ」という意味を含みます。

そのような場合において「不明点」とは「その人にとって明確ではない点」となり簡単に表現すると「情報が不足していたりはっきりと書かれていなかったりなどの理由で理解が及ばないところ」という意味になります。

「不明点」はビジネス用語として広く使われている言葉です。

人に案内や説明をするときなどに使われる言葉で「案内や説明だけでは分からなかったり足りなかったりしていた部分」という意味で「不明点」を用います。

一般的には「体内部分があったら補うので一言申し出て欲しい」といういみをこめて「不明点」について尋ねます。

どのようなところが「不明点」になるのかを決めるのは個人の理解力です。

同じ説明でも理解力に優れる人は言葉の裏や省いた部分なども適格に察して必要な情報をすべて理解しますが、理解力に欠ける人は想像が及ばなかったり受け止め方を間違えたりして十分なはずの説明であるのに「不明点」ができてしまいます。

ビジネスで説明や案内をするときは「不明点」をなくすため内容を練りあげる必要がありますが、どれだけ内容を磨き上げても必ず理解できない人は出てくるので「不明点」に対する適格な補足説明やフォローが必要です。

「不明点」という言葉は全体のうち一部分のみがピンポイントでわからないときに使う表現です。

全体的にわかりづらく理解できないときは「不明点」ではなく「不明瞭」など箇所を絞りこまない表現を用います。

「不明点」を使った例文

・『不明点がありましたらお知らせください』
・『書類には不明点が多すぎて何がなんだかさっぱり理解できない』
・『不明点を説明するだけで30分もかかってしまった』

「不明点」の類語や言いかえ

・疑問点
「疑問に思う部分」を意味する言葉です。

聞いただけでは納得できず疑問が残る場所を指す言葉で、明確な間違いや誤りではないもののそのままでは理解できない頭を悩ませる用なところを指します。

一般的に「疑問点」が見つかった場合は相手に対して質問し、返答により更に深く詳しく説明してもらうことで納得がいき疑問が解消されます。

まとめ

「不明点」はビジネスでよく使う言葉です。

説明や解説ではできる限り少なくすることを求められるので言い方や論理を工夫して明確で理解しやすくなるよう心がけましょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました