スポンサーリンク

「ご臨席」と「ご出席」の違いとは?ビジネスでの使い方や例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご臨席」と「ご出席」の違いビジネス用語【二語】
スポンサーリンク

「ご臨席」「ご出席」の違いとは?

ビジネスでの使い方や例文など、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ご臨席」とは?

「臨席」は、「席に臨(のぞ)む」と書きます。

「臨む」「ことに向かう」との意味があります。

このことから、何らかの席に出席することを、少し違った表現にしたのが「臨席」だと言えます。

ここでは、接頭語に「ご」を付与して「ご臨席」とすることで、丁寧な言葉にしています。

なお、この言葉は、日常的な何かに出席する際には、あまり使用されないものです。

例えば、何かの記念式典や、結婚式など、少しかしこまった場面への出席の際に「ご臨席」という言葉を使用するのです。

「ご出席」とは?

「出席」「席に出る」と書きます。

「出る」には、「臨む」のような姿勢を正す雰囲気はありません。

ただ事務的に出ることを意味しているのが「出席」なのです。

ここでも、「ご」を付与して「ご出席」としています。

また、この言葉は日常的な会議を筆頭に、何に対しても使用できます。

その会の席に出ればよいだけなのです。

そのため、「ご臨席」よりは幅広く使える言葉だと言えます。

「ご臨席」と「ご出席」の違い

それでは「ご臨席」「ご出席」の違いはどこにあるでしょうか。

「ご臨席」は、「席に臨(のぞ)む」ことを意味します。

これに対して「ご出席」は、「席に出る」ことを意味するのです。

これらのことから、二つの言葉の違いは「臨む」「出る」にあると言えます。

「臨む」は姿勢を正して席に向かうニュアンスがあります。

これに対して「出る」には、そのようなニュアンスがありません。

この違いにより、二つの言葉はドレスコードが違うと言えます。

「ご臨席」がフォーマルであり、「ご出席」が相対的にはカジュアルなのです。

そして、「ご出席」のほうが、より幅広い用途に使用できる言葉なのです。

「ご臨席」の例文

「ご臨席」を使用した例文を挙げます。

例文のように、「賜る」などの格式の高い言葉と相性がよいと、分かるのではないでしょうか。

・『記念式典に、ぜひご臨席賜りますようお願い申し上げます』
・『私の結婚式には、ご臨席賜りたく存じます』
・『今度の式典には、ご臨席賜れますでしょうか』
・『ご臨席いただけますと幸いでございます』

「ご出席」の例文

「ご出席」を使用した例文を挙げます。

例文のように、会議などの軽いものへの出席にも使えることが分かるはずです。

・『明日の会議に、ご出席くださいませ』
・『明日のセミナーにも、ぜひご出席ください』
・『弊社の説明会に、ご出席いただけますと幸いです』
・『ご出席いただけますと幸いでございます』

まとめ

このように「ご臨席」「ご出席」は、どちらも出席を意味する言葉です。

ただし、「臨席」のほうがフォーマルな場面での使用に適しているので、違いをおぼえておくとよいでしょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【二語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました