スポンサーリンク

「ビデオグラファー」と「フォトグラファー」の違いとは?職業や仕事(ビジネス)を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ビデオグラファー」と「フォトグラファー」の違い職業の違い

「ビデオグラファー」「フォトグラファー」の仕事はどう違うのでしょうか。

今回は「ビデオグラファー」「フォトグラファー」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「ビデオグラファー」とは?

「ビデオグラファー」とは、「映像作品を制作する専門職」です。

ミュージックビデオやプロモーションムービー、コマーシャルフィルムやPR動画などさまざまな映像作品を制作する映像作家を「ビデオグラファー」といいます。

基本的に映像制作に関わる全ての作業を自分でこなす人を指す職業名であり技術職や補佐役などは使うもののテーマの設定やストーリーの作成、ビジュアルイメージの構築や撮影現場でのディレクションなど重要な作業のすべてを一人で担当し作品として映像を完成させる人を「ビデオグラファー」と呼びます。

「フォトグラファー」とは?

「フォトグラファー」とは、「写真撮影の専門職」です。

カメラを使って被写体を撮影し1枚の作品として完成させるのが「フォトグラファー」です。

いわゆる「カメラマン」のことですが、カメラマンよりも芸術性が高く個人のセンスや才覚が発揮された写真を発表する人を「フォトグラファー」と呼びます。

「フォトグラファー」は作品として写真を撮影しますが被写体は多岐にわたります。

著名人や有名人の人物写真、自然の姿を写した風景写真、建物や乗り物の写真、自ら被写体を作り上げて撮影する芸術写真などカメラを使って撮影した写真を作品として発表していれば被写体の種類は問いません。

基本的には依頼に応じて仕事が発生しますが自らテーマを設定して写真を撮影し写真集や写真展という形で作品を発表することもあります。

「ビデオグラファー」と「フォトグラファー」の仕事の違い

「ビデオグラファー」「フォトグラファー」の仕事の違いは「メディア」です。

「ビデオグラファー」はビデオクリップや映画フィルムなど動画メディアで作品を制作するのに対し、「フォトグラファー」はカメラで撮影する写真メディアで作品を制作します。

どうがだと動きや音響にも配慮する必要があったり写真では限られた条件でいかに被写体の魅力を引き出すかに知恵を絞ったりといった細かい違いはありますが基本的にはメディアの違いで区別されます。

「ビデオグラファー」と「フォトグラファー」の仕事の違い(給料面の考察)

「ビデオグラファー」「フォトグラファー」はどちらも非情に芸術性が強い仕事です平均年収にはほとんど差がなく350~600万円が相場ですが、どちらの仕事も超一流になると収入も天井知らずです。

世界的なアーティストを担当するクラスになるとひとつの仕事でギャラが数百~数千万円ということも珍しくありません。

近年はSNSがきっかけで売れっ子になったり動画投稿で生計を立てたりなど職業としての新しい道も開けています。

まとめ

「ビデオグラファー」「フォトグラファー」は映像と写真等違いはあるものの取り巻く環境はよく似ています。

技術だけでなくセンスや完成など芸術性が求められる仕事なので目指すなら自分らしさを大切にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました