「別件ですが」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「別件ですが」とは?ビジネス用語【一語】

「別件ですが」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「別件ですが」とは?

これは、別な事案であることを相手に伝える言葉です。

「別件」「別な件」という意味になります。

これは「別な事案」「別な案件」などの意味で用いられる熟語になっているのです。

また、「別件です」にすると丁寧語の表現になります。

丁寧語の語尾には「ます」「です」がありますが、名詞には「です」を組み合わせて使用するのです。

なお、ここでは逆接の意味を持つ「が」を付け加えています。

たとえば、「別件ですが、少しよろしいでしょうか」と使用できます。

これらのことから、この言葉が別な事案であることを相手に伝えるものだと分かるのです。

「別件ですが」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある事案について上司に相談していたとします。

そして、全く別な事案についても、ついでに相談することにしたのです。

このようなケースで、「この話とは別件ですが、少し相談できれば幸いです」と伝えるとよいでしょう。

これにより、別な事案であることを、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「別件ですが」の表現方法に注意するべきです。

これは「別な件ですが」「別な事案ですが」が類似j表現になります。

また、「別件ではありますが」「別件ではございますが」と言い換える方法もあるのです。

このように、同じような意味であっても、少し違う形で言い表せます。

実際の状況に応じて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「別件ですが」を使った例文

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を続けるとよいでしょう。

・『別件ですが、少しお時間よろしいでしょうか』
・『別件ですが、相談したいことがございます』
・『別件ですが、お伝えしたき事項があります』

「別件ですが」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「別件ですが」の類似表現

たとえば、「別な件ですが」「別な事案ですが」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「別件ですが」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「別件ではありますが」「別件ではございますが」に言い換えできます。

まとめ

このように、別な事案であることを相手に伝える場合に、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。