「担当者に伝えます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「担当者に伝えます」とは?ビジネス用語【一語】

「担当者に伝えます」とは?

ビジネスにおける使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「担当者に伝えます」とは?

これは、担当している者に伝えるということを表現した言葉です。

「担当」「仕事や役割を担うこと」を意味します。

また、そのような役割を担っている人物のことを「担当者」と表現します。

なお、「担当」だけでも、「担当者」と同等の意味で使用する事も可能です。

さらに、「伝えます」「伝える」という動詞に丁寧語の語尾を組み合わせたものです。

丁寧語には「ます」「です」という語尾がありますが、動詞には「ます」を組み合わせて使用するのです。

これらのことから、この言葉が担当している者に伝えるということを表現したものであると分かるのです。

「担当者に伝えます」のビジネスにおける使い方、使うときの注意点

たとえば、顧客から電話を受けたとします。

しかし、あいにくその顧客を担当している人間が、外出中で不在なのでした。

このような状況で、「それでしたら、お電話が会った旨を担当者に伝えます」と言うとよいでしょう。

これによって、担当している人物に伝えるということを、上手に伝達できるのです。

この言葉を使うときは、「担当者」の表現方法に注意するべきです。

これは「担当の者」のように言い換えて使用できます。

また、「担当している者」のように言い換える手段もあるのです。

このように、同じような意味でも、複数の表現手段が存在します。

実際の状況に応じて、適した言葉を選ぶとよいでしょう。


「担当者に伝えます」を使った例文

ここでは例文を挙げています。

このように、前段に少し言葉を加えると、自然で分かりやすい表現にできるのです。

・『それでしたら、直接担当者に伝えます』
・『お電話があった旨を、私から担当者に伝えます』
・『ご要望をいただきましたので、早速担当者に伝えます』

「担当者に伝えます」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「担当者に伝えます」の類似表現

これの類似表現として、「担当の者に伝えます」が挙げられます。

「担当者」「担当の者」は、同じような意味で使える言葉になっているのです。

なお、これは「担当している者」などに置き換えてもよいでしょう。

「担当者に伝えます」の敬語表現

この言葉を別な敬語表現にすると、たとえば「担当者に伝達いたします」に言い換える事が可能です。

まとめ

このように、担当している者に伝えるということを言い表す場合に、この言葉を使用できると分かります。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。