「ご質問いただきました内容についてただ今確認をしております」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご質問いただきました内容についてただ今確認をしております」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「ご質問いただきました内容についてただ今確認をしております」について解説をします。

「ご質問いただきました内容についてただ今確認をしております」とは?意味

尋ねられた事柄について今確かめているところです、という意味です。

「ご質問」「質問」「ご」をつけて、その行為をする人に敬意を表す形にしています。

「いただき」「もらう」の謙譲語です。

「ました」「た」は、動作や作用が過去に行われた意を表します。

「について」は、それと範囲を限定するさまを表します。

「ただ今」は、今この時点という意味です。

「確認」は、調べたり尋ねたりして、曖昧な事柄をはっきりとさせて認めることです。

「ております」「ている」を丁寧な言い方にしたもので、現在の状態を表します。

「ご質問いただきました内容についてただ今確認をしております」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、話し手が今何をしているかを伝えるために用います。

お客様から質問を受けたとします。

その場で回答できなかったので、時間をもらって回答することにしました。

しばらくしたら、同じお客様から「質問した事柄はどうなっていますか」と問い合わせがありました。

この問い合わせを受けた時点では、確認をしているところでした。

まだ明らかになっていないので、具体的な事柄を伝えることができません。

それを伝えるために用います。

すぐに回答できないことで聞き手に迷惑をかける可能性があるので、「すまない」という気持ちを示すことが大切です。

どうしても時間がかかってしまい、それは仕方がないことかもしれませんが、謝罪の意を示すようにしましょう。


「ご質問いただきました内容についてただ今確認をしております」を使った例文

・『ご質問いただきました内容についてただ今確認をしております。恐れ入りますが、もうしばらくお時間をいただきます』

「ご質問いただきました内容についてただ今確認をしております」の返答や返信例

質問への回答はまだしてもらえないようです。

もう少し時間がかかるようなので待っていてください。

この言葉自体には、確認をしてくれていることに対して「よろしくお願いします」と伝えるとよいでしょう。

確認作業をしてくれていることにお礼を伝えるのもよいです。

確認が終わったら相手の方から連絡をしてくれるのか、終わったであろうタイミングでこちらから連絡をした方がよいのか、はっきりとさせておきます。

まとめ

この言葉は、他人からの質問について今確かめているところであると伝えるものです。

待たせてしまっている相手に「申し訳ない」という気持ちを示すことが大切です。