「不慣れな点が多くご迷惑を」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「不慣れな点が多くご迷惑を」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「不慣れな点が多くご迷惑を」という言葉について説明していきます。

「不慣れな点が多くご迷惑を」とは?

意味はそのままで慣れていないために失敗をして迷惑をかけてしまう可能性も高いことを前もって伝える言葉です。

「不慣れな点が多くご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します」などの使い方が一般的で、「よろしくお願い致します」でも許してほしいという意図を伝えていると言えます。

基本的には口頭で使う言葉ではありますが、メールなどで伝えるということはありえます。

「不慣れな点が多くご迷惑を」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

新たに勤めたというシチュエーションでは使うべき言葉ですが、あまり長い期間使うわけにも行かない言葉ではあります。

接客でお客さん相手に使うというケースは控えたほうが無難ではありますが、使わざるを得ないケースでは致し方無いと言えるでしょう。

一定年数同じ仕事をし続けている場合には使うことがありえない言葉ではあり、新たなOA機器の導入などによって使うということがありえます。


「不慣れな点が多くご迷惑を」を使った例文

・『まだ入社したばかりで、不慣れな点が多くご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。』

新入社員の自己紹介での使い方です。

会社は独自の用語やルールも多いため、不慣れであることは伝えて問題ないでしょう。

・『研修中の店員のため、不慣れな点が多くご迷惑をおかけします』
スーパーの研修中の店員のレジなどで表記される文章の使い方で、この場合は店舗側が伝える言葉となっています。

・『新しい機器のため、最初の方は不慣れな点が多くご迷惑をおかけするかもしれません』
パソコンを始め新たなオフィス機器を導入し、その機器の責任者が使うという例文です。

「不慣れな点が多くご迷惑を」の類語や敬語での言いかえ

「不慣れなものでご容赦ください」「慣れるまでは失敗も多いと思いますが」などが類語と言えます。

「最初から完璧な人間はいない」という意図はありますがこの言葉に関しては謙遜の意図が一切ないためビジネスの場では使いにくくあります。

「不慣れな点が多くご迷惑を」の類似表現

「研修中なのでスムーズではない点もありますが」
「見習い期間中ですので」「初心者ですので」などが類語ではありますが制度的なものでもあるため「不慣れな点が多くご迷惑を」のほうが使いやすくはあります。

「不慣れな点が多くご迷惑を」の敬語表現

「不慣れな点が多くご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します」あたりが敬語としての表現です。

「不慣れな点が多くご迷惑を」の返答や返信例

早く慣れてほしいという意図で返すこともありますがプレッシャーにならないよう注意が必要です。

何れにせよ応援の意図で返すのがベターでしょう。

まとめ

不慣れな点が多くご迷惑をという言葉は新入社員の時、転勤したときなど新たな仕事を始めるという際に使われる言葉で、使えない立場の人は明らかに存在しています。