「糧となっており」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「糧となっており」とは?ビジネス用語【一語】

「糧となっており」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

「糧となっており」とは?

これは、成長の材料になっているようなことを表現した言葉です。

「糧」「かて」と読みます。

これは「米」「量」で構成された漢字です。

そして、「食糧」「糧食」という意味を持つ言葉になっています。

これが転じて、「何かの原動力になるもの」「成長の材料になるもの」のような意味でも、「糧」という言葉が使用されるのです。

また、「なっており」「なっていて」が謙譲語になったものです。

そして「なる」「なっている」にすると、現在進行形の意味になります。

これらのことから、「糧となっており」が、成長の材料になっているようなことを表現した言葉であると分かるのです。

「糧となっており」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは、ビジネスでこの言葉を使う場合には、どのようなものがあるでしょうか。

たとえば、上司に以前アドバイスされたことがあったとします。

そして、その内容を胸に、今まで仕事に励んできたのでした。

このような場合には、「あの日のアドバイスが、私の成長の糧となっております」と言うとよいでしょう。

これにより、成長の材料になっていることを、上手に表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「糧となっており」の使い方に注意しましょう。

これは「糧となっていて」と言い換える事が可能です。

この場合は、県所誤を除いた表現になるのです。

このように、同じ意味でも敬語の使い方次第で印象が変わります。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「糧となっており」を使った例文

この言葉を使った例文を挙げます。

例文のように、前後に言葉を付け加えると、自然な印象の表現になるのです。

・『今でも私の糧となっております』
・『あの日のアドバイスが成長の糧となっております』
・『当社の躍進の糧となっております』

「糧となっており」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語での言いかえを説明します。

「糧となっており」の類似表現

この言葉の類似表現には、「原動力となっており」があります。

「糧」「原動力」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「糧となっており」の敬語表現

この言葉を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「糧となっておりまして」のように言いかえできます。

まとめ

このように「糧となっており」は、成長の材料になっているようなことを表現した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。