スポンサーリンク

「立て続けのご連絡失礼いたします」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「立て続けのご連絡失礼いたします」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

この記事では「立て続けのご連絡失礼いたします」について解説をします。

スポンサーリンク

「立て続けのご連絡失礼いたします」とは?意味

間をおかずに何度か連絡をして申し訳ない、といった意味です。

「立て続け」は、同じことや似たことが、時間をおかずに続けて行われることをいいます。

どれくらいの時間を指すのか定義はありませんが、すぐに続くことを意味します。

「ご連絡」「連絡」を敬意を表す形にしています。

「ご」をつけることで、その行為をする人に対する敬意を表す形になります。

「失礼」は、軽く謝罪をする際に用いる言葉です。

また、他人に接する際の心構えをわきまえていないこと、礼儀が十分でないことという意味もあります。

「いたし」「する」の謙譲語・丁寧語です。

「ます」は敬意を表します。

「立て続けのご連絡失礼いたします」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、間をおかずに何度か連絡をしたときに用います。

何度も連絡をすると、相手に迷惑となることがあります。

連絡を受けるために、メールを読んだり、電話にでたりしなければならず、そのための時間を使います。

そして、その時間は自分の仕事を進めることができません。

このように迷惑となることがあるので、謝罪をすることが望ましいです。

また、礼儀をわきまえていない行為ともいえるので、「失礼」という言葉を使用しています。

謝罪の意味であれば「申し訳ありません」としてもよいです。

続けて連絡することは「たびたびのご連絡」ということもできます。

この後には用件を伝えます。

何度も連絡をしなくて済むように、この連絡で伝えたい事柄を伝えるようにしましょう。

「立て続けのご連絡失礼いたします」を使った例文

・『立て続けのご連絡失礼いたします。先ほどの○○のことでご連絡いたしました』

「立て続けのご連絡失礼いたします」の返答や返信例

この後に用件が伝えられるはずなので、それに対して返答をします。

質問をしている場合は、それに対して答えます。

確認のために連絡をしている場合は、相手が伝えてきた内容に間違いがないかを確かめ、返答をします。

急いでいるため、間をおかずに連絡してきている場合があるので、できるだけすぐに返事を出すとよいでしょう。

急ぎの場合はその日のうちに返事を出すことが望ましいです。

何度も連絡をしてきて迷惑に感じるかもしれませんが、丁寧な対応をするように心がけます。

まとめ

この言葉は、続けて連絡をする際に用います。

間をおかずに何度も連絡をすると、相手の時間を奪うことになり、迷惑となります。

失礼となるので、このような言葉を伝えてから、用件を伝えるようにするのが望ましいです。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました