スポンサーリンク

「立て続けで恐縮ですが」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「立て続けで恐縮ですが」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

この記事では「立て続けで恐縮ですが」について解説をします。

スポンサーリンク

「立て続けで恐縮ですが」とは?意味

間をおかずに続けて行って申し訳ないけれど、という意味です。

「立て続け」には、間をおかずに同じことや似たようなことが続けて行われること、という意味があります。

「間をおかずに」とは、どれくらいの時間を意味するのか定義はありませんが、すぐである場合をいいます。

「恐縮」は、相手に迷惑をかけたり、相手から厚意を受けたりして、申し訳なく思うことです。

この場合は、迷惑をかけて申し訳なく思うことの意味で用いています。

「立て続けで恐縮ですが」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、続けて何かをするときに用います。

クッション言葉の一つです。

クッション言葉とは、相手に何かを伝えるときに用いる、衝撃を和らげる働きをする言葉のことです。

このような言葉を使うことで、気遣いを示すことができます。

続けて何かをすると、相手に迷惑をかけることがあります。

たとえば、続けてメールをすると、それを読んだり、返事を書いたりする時間を使わせることになります。

それによって、相手の仕事が進まず支障がでる可能性があります。

そういったことへの配慮の意味を込めて、この言葉を用います。

たとえば、聞きたいことがあり、メールをしたとします。

このメールを出した後に、まだ聞きたいことがあったことを思い出しました。

そこで、さらにメールを出して質問をしました。

これは、続けて同じようなことを行っているといえます。

これが「立て続け」が意味するものです。

この2回目のメールのときに、この言葉を使用します。

1回目と2回目の間は、ほとんど空いていません。

「立て続けで恐縮ですが」を使った例文

・『立て続けで恐縮ですが、○○もお聞きしてよろしいでしょうか』

「立て続けで恐縮ですが」の返答や返信例

「が」の後に何が伝えられるかによって、返す言葉が変わります。

「質問をしてもいいですか」という意味の場合は、相手からの質問に答えます。

質問に答える時間が今はないようならば、時間をもらって答えるとよいでしょう。

その場合「時間をもらってもよいですか」と了承を得るようにします。

何かを依頼された場合は、それを引き受けることができるのか、できないのかを答えます。

情報を知らせるためにメールや電話がきたときには、その情報を読んだり聞いたりします。

まとめ

この言葉は、続けて何かをするときに用いるクッション言葉です。

続けて物事を行うことで、迷惑をかけることがあります。

そのため、相手の気持ちに配慮した伝え方をするのが望ましいです。

このような言葉を使うと、相手の気持ちに配慮した言い方になります。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました