スポンサーリンク

「ノーティス」とは?ビジネスで使うカタカナ語など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ノーティス」とは?ビジネス単語
スポンサーリンク

この記事では、「ノーティス」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ノーティス」とは?意味

「ノーティス」とは、ビジネス英語で「通知」「お知らせ」「通報」という意味です。

人に通知する文書やメールなどを表すこともあれば、知らせる行為自体を表すこともあります。

社内・社外どちらでも使われる言葉です。

「ノーティス」の概要

「ノーティス」は英語の「notice」が日本語化した言葉です。

名詞として使われる場合は「通知」「通報」「告知」「予告」などの意味があります。

また、動詞として使われる場合は「~に気づく」という意味になります。

気温的に「相手に何らかの情報を気づかせること」として、「ノーティスがある・ない」「ノーティスする・した」などと使われます。

「ノーティス」の言葉の使い方や使われ方

「ノーティス」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『就業規則の改正についてノーティスが出た』
・『海外から重要なゲストが来るとノーティスが回る』
・『日曜日はビル全体で停電になるとノーティスが来る』

まとめ

今回は「ノーティス」について紹介しました。

言葉の意味を正しく理解して、必要に応じて使いこなせる様にしましょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス単語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました