スポンサーリンク

「心の励みにしています」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「心の励みにしています」とは?ビジネス用語【一語】

「心の励みにしています」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「心の励みにしています」とは?

「心の励みにしています」は、やる気の源泉としているような場合に使用できる言葉です。

「心の励み」とは、「やる気の源泉」「モチベーションの元」などの意味を持っています。

「励み」「励む」という言葉が変形したものです。

このように表現する事で、名詞のように取り扱う事ができます。

そして「励み」には、「精を出す支えとなるもの」のような意味があるのです。

ここでは「心の」付与することで、そのような源泉となる事物を「心の励み」と表現しているのです。

なお、ここでは「しています」を使用しています。

これは「する」「いる」に丁寧語の「ます」を付け加えたものなのです。

このように表現することで、現在進行形を、丁寧に言い表す言葉にできるのです。

「心の励みにしています」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「心の励みにしています」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、過去に大成功した案件があったとします。

そして、そのような成功を経験できたことを、今でも心の支えとしていたのでした。

このような場合には、「あの時の経験を、今でも心の励みにしています」と述べるとよいでしょう。

これにより、心の支えにしているような様子を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「励みにしています」の使い方に注意しましょう。

これは丁寧語の「ます」を使用した表現です。

これを謙譲語に言い換えれば「励みにしております」とできます。

ここでは「いる」を謙譲語の「おる」に言い換えているのです。

使用する相手や状況に合わせて、適切な敬語表現を選択するとよいでしょう。

「心の励みにしています」を使った例文

「心の励みにしています」を使った例文を挙げます。

例文のように、少し言葉を付け加えることで、自然な印象の表現を作成できるのです。

・『今でも、心の励みにしています』
・『あの時の経験を、心の励みにしています』
・『かけがえのない人脈を、心の励みにしています』

「心の励みにしています」の類語と敬語での言いかえ

「心の励みにしています」の類語と敬語を解説していきます。

「心の励みにしています」の類似表現

「心の励みにしています」の類似表現には、「心の支えにしています」があります。

「心の励み」「心の支え」は、同じようなニュアンスで使用できる言葉なのです。

「心の励みにしています」の敬語表現

「心の励みにしています」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「心の励みにしております」に言いかえできます。

まとめ

このように「心の励みにしています」は、やる気の源泉としているような場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました