スポンサーリンク

「ご多用中お手数をおかけしますが」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご多用中お手数をおかけしますが」とは?ビジネス用語【一語】

「ご多用中お手数をおかけしますが」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ご多用中お手数をおかけしますが」とは?

「ご多用中お手数をおかけしますが」は、相手に何かをお願いする場合に使用できる言葉です。

このように述べる事で、相手の忙しさに配慮を示しながら、自分の用件を依頼できるのです。

「多用」とは、「用事が多いこと」を意味します。

つまり、「忙しい」ことを「多用」と表現できるのです。

ここでで「多用中」として、今まさに「忙しいさなか」である事を表現しています。

これに接頭語を付与する事で、相手に敬意を示す言葉にしているのです。

また、「お手数おかけしますが」は、相手に手間や面倒をかけることを意味します。

語尾の丁寧語「ます」が逆接の「ますが」になっていることから、相手への依頼を続けて述べるような使い方が想定できるのです。

「ご多用中お手数をおかけしますが」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ご多用中お手数をおかけしますが」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、顧客にある提案をしたとします。

その提案の採用可否についての検討を、相手にお願いすることにしたのです。

このような場合には、「ご多用中お手数をおかけしますが、ご検討のほどよろしくお願いいたします」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手に手間や面倒をかけて恐縮するような様子を、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「ご多用中」の使い方に注意しましょう。

これは「ご多忙中」「お忙しいところ」などに言い換える事も可能です。

どれも同じ意味ですが、少し印象が違って聞こえます。

相手や状況に合わせて、適切な表現を選択して使用するとよいでしょう。

「ご多用中お手数をおかけしますが」を使った例文

「ご多用中お手数をおかけしますが」を使った例文を挙げます。

例文のように、相手への依頼事項を続けて述べると、自然な文章を作り出せるのです。

・『ご多用中お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします』
・『ご多用中お手数をおかけしますが、ご検討くださいますと幸いです』
・『ご多用中お手数をおかけしますが、ご返信いただけますようお願いします』

「ご多用中お手数をおかけしますが」の類語と敬語での言いかえ

「ご多用中お手数をおかけしますが」の類語と敬語を解説していきます。

「ご多用中お手数をおかけしますが」の類似表現

この言葉の類似表現には、「ご多忙中お手数をおかけしますが」があります。

「ご多用中」「ご多忙中」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「ご多用中お手数をおかけしますが」の敬語表現

この言葉を、別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「ご多用中お手数をおかけいたしますが」に言いかえできます。

まとめ

このように「ご多用中お手数をおかけしますが」は、相手に何かをお願いする場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました