スポンサーリンク

「名刺交換お願いしてもよろしいですか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「名刺交換お願いしてもよろしいですか」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「名刺交換お願いしてもよろしいですか」という表現法についての解説です。

スポンサーリンク

「名刺交換お願いしてもよろしいですか」とは?意味

上記の表現は、ビジネスにおいては、相手側が名を名乗らず、誰かわからないがゆえこちら側は名詞を出す用意があるので、名刺を交換しようということをお願いするということです。

つまり、相手側が名刺を差し出すと踏んでいたのに、名刺を差し出さなかったので、こちら側の提案として名刺を交換するということを提案したわけです。

こうすることで、相手が名を名乗らず、誰かわからないという問題が解決します。

「名刺交換お願いしてもよろしいですか」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

上記は、ビジネスにおいては、使ってはならない表現の一つで、これについては相手側が名刺交換に応じない場合、こちらも名刺を出さないという具合に対処するのが良い方法です。

なぜなら、名刺交換をお願いするというのは、相手が名を名乗らないがゆえ、名を名乗るために名刺を交換しろというものなので、あまり良い表現ではありません。

なお、こちら側が先に名刺を差し出しても交換に応じない場合、「名刺交換お願いしてもよろしいですか」と相手にお願いできるのですが、それでも応じない場合があるのでそういったことが起きる可能性があるので「名刺交換お願いしてもよろしいですか」についてはあえて相手に名刺の交換を求めないほうが良いということです。

「名刺交換お願いしてもよろしいですか」を使った例文

・『(自分の名刺を差し出し)名刺交換お願いしてもよろしいですか』

「名刺交換お願いしてもよろしいですか」の返答や返信例

「名刺交換お願いしてもよろしいですか」についての返事は、相手側が名刺の交換に応じるように述べているので、交換に応じるか応じないというのが答えです。

ちなみに、交換に応じない場合、相手も名刺を引っ込める可能性が高いので相手だけに名刺を差し出させて自分は名詞を出さないという行動をとることは許されません。

まとめ

「名刺交換お願いしてもよろしいですか」は、ビジネスにおいてはあってはならない事態でその理由は、こちら側が先に名刺を出しても相手側が名刺を出さないというケースに陥っているからです。

なので、こうした事態の場合、相手は名詞を出さないと決めているので、こちらだけ名刺を渡すか、こちらも渡さないという方法を取るのが良いでしょう。

そして相手側が名刺を出さないのに、名刺を出せと言ってきた場合、名刺を出さずに名を名乗らない人物に対して信用できるでしょうかと言い対応をします。

これは信用の問題で、名刺交換に応じない=信用できない人なので言ってしまえば、商談そのものを破棄して帰るということも一つの選択肢となるのです。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました