「周知していただけると幸いです」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「周知していただけると幸いです」とは?ビジネス用語【一語】

「周知していただけると幸いです」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「周知していただけると幸いです」とは?

「周知していただけると幸いです」は、「周知してもらえると嬉しい」との意味で使用される言葉です。

これは、相手に何らかの情報を周知するように依頼するために使用します。

「周知」「しゅうち」と読みます。

これは、「周囲に情報を知らしめること」の意味で使用される言葉です。

また、ここでは「いただける」を組み合わせて使用しています。

これは「いただく」を実現可能の形に変形することで、「いただける」にしたものです。

そして「いただく」「もらう」を意味する謙譲語です。

さらに、語尾には「幸いです」が使用されています。

これは、敬語で使用されることの多い、遠回しに依頼を表現する言葉なのです。

「周知していただけると幸いです」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「周知していただけると幸いです」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、会社でセキュリティインシデントが発生したとします。

あなたは、各部門の部門長に、注意喚起するようにお願いすることにしたのです。

このような場合には、「部門のみなさんに、周知していただけると幸いです」と述べるとよいでしょう。

これにより、周囲に知らしめる様子を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用するときには、「幸いです」の使い方に注意しましょう。

これは「幸いでございます」「幸甚です」などに言い換えできます。

どれを使用しても同じように意味になりますが、選択肢としておぼえておくとよいでしょう。


「周知していただけると幸いです」を使った例文

「周知していただけると幸いです」を使った例文を挙げます。

例文のように、「幸いです」の部分は言い換えのバリエーションがあります。

・『周知していただけると幸いです』
・『周知していただけると幸いでございます』
・『周知していただけると幸甚です』

「周知していただけると幸いです」の類語と敬語での言いかえ

「周知していただけると幸いです」の類語と敬語を解説していきます。

「周知していただけると幸いです」の類似表現

「周知していただけると幸いです」の類似表現には、「報知していただけると幸いです」があります。

「周知」「報知」は、同じような意味で使用できる言葉だと言えるのです。

「周知していただけると幸いです」の敬語表現

「周知していただけると幸いです」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「周知してくださいますと幸いです」に言いかえできます。

まとめ

このように「周知していただけると幸いです」は、相手に周知をお願いするフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。