スポンサーリンク

「ささやかですが感謝の気持ちです」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ささやかですが感謝の気持ちです」とは?ビジネス用語【一語】

「ささやかですが感謝の気持ちです」を解説していきます。

正しい言い回しを覚えて、敬語に強くなっていきましょう。

スポンサーリンク

「ささやかですが感謝の気持ちです」とは?

「ささやかですが感謝の気持ちです」は、お礼を伝えるフレーズです。

「ささやかですが」は粗末な物を贈ることを、へりくだって表現しています。

「感謝の気持ちです」は、こちらの目いっぱいの愛情をあらわします。

「ささやかですが感謝の気持ちです」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「ささやかですが感謝の気持ちです」は、へりくだった謙遜をあらわします。

手土産を持参して訪問したとき「つまらないものですが」の代用として親しまれています。

「ささやか」「細やか」と書き、小さくて目立たない物を例えています。

日本人らしい、へりくだった思いを伝える言葉なので、こちらから贈り物をする際に用いていくと良いでしょう。

同じような言葉もあわせて覚えておくと、語彙力豊かな人になれます。

「ささやかですが感謝の気持ちです」を使った例文

・『ささやかですが感謝の気持ちです。お受け取りください』
・『ささやかですが、日ごろの感謝の気持ちです』
・『ささやかですが感謝の気持ちでございます』

「ささやかですが感謝の気持ちです」の類語や敬語での言いかえ

「ささやかですが感謝の気持ちです」の言いかえに「ささやかながら感謝の気持ちです」があります。

「ささやかながら」「ささやかですが」と同じく、控えめな心情をあらわします。

「ささやかですが感謝の気持ちです」の類似表現

「ささやかですが感謝の気持ちです」とよく似た表現に「心ばかりですが」も挙げられます。

その場でさり気なく、物品や寸志を手渡したい場合に活用できます。

相手にあまり気遣いさせたくないときの、思いやりのある言い方です。

「ささやかですが感謝の気持ちです」の敬語表現

さらに丁寧さを出したいなら「ささやかではございますが、ご笑納ください」があります。

「ご笑納」は笑って受け取るという意味があります。

「ご笑納」の代わりに「お納めください」を入れて「ささやかではございますが、お納めください」と仕立てられます。

シーンに応じて、自分らしくアレンジすると良いでしょう。

「ささやかですが感謝の気持ちです」の返答や返信例

このシチュエーションは、贈り物を頂戴するシーンです。

「とんでもございません」とお断りする方法もありますが、せっかくなので用意してくれた相手の意向に沿うことも大切です。

「お気遣いいただきまして、誠にありがとうございます」と素直にお礼を伝えていきましょう。

これから先の関係を考えて、印象良く受け取っていきたいです。

まとめ

「ささやかですが感謝の気持ちです」の意味と使い方を学びました。

この表現は「つまらないものですが、お受け取りください」の訳があります。

謙遜しながら贈り物を送るときの表現です。

類似語とあわせて、覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました