スポンサーリンク

「ご配慮ください」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご配慮ください」とは?ビジネス用語【二語】

「ご配慮ください」とは?
ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「ご配慮ください」とは?

「ご配慮ください」は、「配慮してくれ」を意味する言葉です。

ここでは、「ください」という尊敬語を使用することで、相手に敬意を表しています。

「ください」「くれ」を意味する言葉であり、相手を敬う気持ちを表現できるのです。

また、「配慮」とは「心を配ること」を意味します。

「配慮」を訓読みにすると、「くばる」「おもんぱかる」になるのです。

これは、考えや思いを巡らして、周囲に配る様子を表現する言葉です。

これに「ください」を組み合わせる事で、相手にそのような行動を要求しているのです。

「ご配慮ください」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ご配慮ください」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが公共の場所で会話していたとします。

すると同じ場所に、大声で笑い声をあげている集団がいました。

このような場合には、「公共のスペースですので、もう少しご配慮ください」と述べるとよいでしょう。

これにより、周囲に気を配るようにしてほしいことを、上手に言いかえて相手に要求できるのです。

この言葉を使用する際には、「ください」に注意が必要です。

これは語尾が断定的になっています。

このような断定的な語尾は、丁寧な言葉遣いとはいいがたいのです。

より丁寧にする場合には、遠回しな表現に言い換える必要があります。

たとえば、「ご配慮下さいますようお願いいたします」のように言い換える事ができるのです。

「ご配慮ください」を使った例文

「ご配慮ください」を使った例文を挙げます。

例文のように、語尾の「ください」を変化させる事で、文章のニュアンスも変わる事が分かるのではないでしょうか。

・『ご配慮ください』
・『ご配慮くださいますか』
・『ご配慮くださいますようお願いいたします』

「ご配慮ください」の類語と敬語での言いかえ

「ご配慮ください」の類語と敬語を解説していきます。

「ご配慮ください」の類似表現

「ご配慮ください」の類似表現には、「お心を配ってください」があります。

「ご配慮」「お心を配って」は、同じ内容を言い換えただけの類似表現だと言えるのです。

「ご配慮ください」の敬語表現

「ご配慮ください」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「ご配慮いただきたい」に言いかえできます。

まとめ

このように「ご配慮ください」は、相手に対して配慮を求めるためのフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました