スポンサーリンク

「お名前を教えていただけますか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「お名前を教えていただけますか」とは?ビジネス用語【一語】

「お名前を教えていただけますか」という言い回しについての解説です。

スポンサーリンク

「お名前を教えていただけますか」とは?意味

「お名前を教えていただけますか」は、ビジネスにおいて、こちら側の要望である名を知りたいという意味です。

そのうえで、このワードの特徴は、頂けますかという部分にあり、へりくだり相手側の名前を知りたいという要望を通すので、目上の人や偉い人に対して低姿勢で名前を知りたいという要望を通す言葉になります。

よって、自分よりも格下であると予想した場合、わざわざ、丁寧な応対をする必要が無いと踏んだ場合、「名前を教えてください」という丁寧語でもよいでしょう。

「お名前を教えていただけますか」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「お名前を教えていただけますか」は、ビジネスにおいては、名前を知りたいという意味で使用するのですが、この言葉は注意すべく点があります。

注意すべく点ですが、このワードは、教えていただけますかが目上の人や偉い人向けに使う謙譲語なので、自分と同じ会社の同期とかであれば、わざわざここまで丁寧な物の言い方をする必要はないだろうというのが注意点です。

「お名前を教えていただけますか」を使った例文

・『確認したいことがありますので、お名前を教えていただけますか』
・『お名前を教えていただけますか、もしくは御勤め先の会社を教えていただきたいと願います』

「お名前を教えていただけますか」の返答や返信例

「お名前を教えていただけますか」についての返答及び返信は、なぜ名前を知りたいかを把握してから、名前を教える必要がある場合、「私の名前は○○です」と答えるのが返答や返信例です。

なので、相手の目的が分からない、なぜ名を知る必要があると疑った場合、ビジネスにおいても、「なぜ名前を知る必要が?」という具合に相手に質問して意図を掴むとよいでしょう。

ちなみに、こちら側も同様に相手の名を知りたい場合、「失礼ですが、あなたのお名前をこちらも知りたいのですが」と切り返せば相手の名を知ることが可能で何かあった際、相手の名を出せば相手側の担当者も対処しやすいでしょう。

まとめ

「お名前を教えていただけますか」は、意図がありまして、意図においては相手の人が自分よりも立場が上なので、相手を刺激しないようなを聞き出すという意図です。

名を知ることの重要性ですが、ビジネスにおいては商品の購入者が予約をする場合名を知れば、予約がスムーズになりますし、企業の概要に名がある人物であれば優秀な人だということもわかるので、ビジネスでは相手の名を知ることはかなり意味があります。

ちなみに、この言葉、相手側からもこちらに対して問いという形で返されることがありますので、そうした場合、答えないというのは不自然になるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました