スポンサーリンク

「お声がけさせていただきます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「お声がけさせていただきます」とは?ビジネス用語【一語】

「お声がけさせていただきます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「お声がけさせていただきます」とは?

「お声がけ」は、「声をかけること」を意味する言葉です。

ビジネスで使用する場合は、連絡することを意味するでしょう。

また、ここでは「させていただきます」を使用しています。

これは、相手の許可、もしくは了承の下で行う行動を示す場合に使用される「言い回し」です。

「いただく」は、「もらう」を意味する謙譲語です。

そのため、「お声がけさせていただきます」は、「お声がけさせてもらいます」を意味しています。

ただし、「させていただく」は冗長な表現でもあるため、「いたします」に言いかえたほうが簡潔になる場合が多いでしょう。

ここでも、「お声がけいたします」にしたほうがシンプルになるのです。

「お声がけさせていただきます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「お声がけさせていただきます」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが会議を設定したとします。

しかし、開始時間になってもメインに参加者が集まりませんでした。

どうやら、一つ前の会議が延長しているようでした。

そのため、参加者が揃ったら、あなたから連絡することにしました。

このような場合には、「参加者が揃いましたら、お声がけさせていただきます」と述べるとよいでしょう。

これにより、あなたが何か連絡してくれることを、相手は理解できるでしょう。

この言葉を使用する場合には、「させていただく」の使い方に注意しましょう。

この言葉が必要な場合もありますが、多くの場合が「いたします」で代替できます。

冗長な表現にならないように、意識的に言いかえる必要がある「言い回し」なのです。

「お声がけさせていただきます」を使った例文

「お声がけさせていただきます」を使った例文を挙げます。

例文のように、何らかの前提を先に述るようにして、「お声がけさせていただきます」を使用すると、自然な文章になるでしょう。

・『準備が整いましたら、お声がけさせていただきます』
・『お時間になりましたら、お声がけさせていただきます』
・『参加者が揃いましたら、お声がけさせていただきます』

「お声がけさせていただきます」の類語と敬語での言いかえ

「お声がけさせていただきます」の類語と敬語を解説していきます。

「お声がけさせていただきます」の類似表現

「お声がけさせていただきます」の類似表現には、「連絡させていただきます」があります。

「お声がけ」「連絡」は、ニュアンスの違う言葉です。

しかし、多くの場面で同じ意味の言葉として使用できるものなのです。

「お声がけさせていただきます」の敬語表現

「お声がけさせていただきます」を別な敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「お声がけいたします」に言いかえできます。

まとめ

このように「お声がけさせていただきます」は、相手に連絡することを表現した言葉です。

ビジネスでも使用できるものなので、覚えておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました