「奔走」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「奔走」とは?ビジネス用語【一語】

「奔走」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「奔走」とは?

これは、あちこち駆けまわる様子を表現した言葉です。

これは「奔走」と書いて「ほんそう」と読みます。

「奔」という漢字は、先を急いで走るような様子を表しています。

そして「奔走」にすると、あちこち駆けまわるような意味の言葉になるのです。

なお、これは何かが上手くいくようにと駆けまわるような状況で使用されます。

たとえば、「金策に奔走する」「商品の営業に奔走する」と使用できるのです。

これらのことから、この言葉があちこち駆けまわる様子を表現したものであると分かるのです。

「奔走」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある仕事で資金が必要になったとします。

そのため、資金を援助してくれる先を、駆けまわって探していたのです。

このようなケースで、「いまも金策に奔走しています」と伝えるとよいでしょう。

これにより、駆けまわっているということを、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「奔走」の表現方法に注意するべきです。

これは「駆けまわる」に変更できます。

また、「走りまわる」も同じような意味になるのです。

このように、類似の表現を使って、同じような状況を言い表せると分かります。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「奔走」を使った例文

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を続けるとよいでしょう。

・『今も奔走しているみたいです』
・『金策に奔走しているところです』
・『商品紹介のために奔走しました』

「奔走」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「奔走」の類似表現

たとえば、「駆け回る」が類似表現になります。

「奔走」「駆けまわる」は、同じような意味で使えるのです。

他にも、「走りまわる」が類似表現として使用できます。

「奔走」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「ご奔走」に言い換えできます。

なお、これは接頭語を使って相手に敬意を示すような表現になっているのです。

まとめ

このように、あちこち駆けまわる様子を表現したものとして、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、上手に活用するとよいでしょう。