「又聞き」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「又聞き」とは?ビジネス用語【一語】

「又聞き」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「又聞き」とは?

これは、間接的に聞いたことを表現するための言葉です。

「又聞き」「またぎき」と読みます。

これは、誰かを通じて聞いた話であること、もしくは聞いた内容を表現しているのです。

つまり、当事者から直接聞いたわけではなく、間接的に聞くような行為を「又聞き」と表現できるのです。

たとえば、「これは又聞きですが」「又聞きなので不確実ですが」と使用できます。

これらのことから、この言葉が間接的に聞いたことを表現するためのものであると分かるのです。

「又聞き」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある情報を上司に伝えることにしたとします。

しかしその情報は、間接に聞いた内容であるため、正確なものとは言い難いのでした。

このようなケースで、「これは又聞きですので、話半分で聞いてください」と伝えるとよいでしょう。

これにより、間接的に聞いた話であると、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「又聞き」の表現方法に注意するべきです。

これは「間接的に聞いた話」に変更できます。

また、「人から聞いた話」「人づてに聞いた話」なども類似表現と言えるでしょう。

このように、同じような内容でも、違う形で表現できることが分かります。

実際の状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。


「又聞き」を使った例文

例文のように、前段の内容に合わせて、適した言葉を続けるとよいでしょう。

・『又聞きなので怪しいと思います』
・『又聞きなので話半分で聞いてください』
・『又聞きだそうですので信用できません』

「又聞き」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「又聞き」の類似表現

たとえば、「人から聞いた話」が類似表現になります。

これはどちらも、同じような意味で使えるのです。

「又聞き」の敬語表現

これを単独で敬語に言い換えるのは難しいでしょう。

これを敬語にする場合は、組み合わせる言葉で工夫するしかないのです。

たとえば、「又聞きでございます」にすると、丁寧語を使った表現にできるのです。

まとめ

このように、間接的に聞いたことを表現するために、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使える言葉になっていますので、上手に活用するとよいでしょう。