スポンサーリンク

「夜分遅くにありがとうございます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「夜分遅くにありがとうございます」とは?ビジネス用語【一語】

「夜分遅くにありがとうございます」とは?

ビジネスでの使い方や、敬語での言い換え方法などについて、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「夜分遅くにありがとうございます」とは?

はじめに「夜分遅くにありがとうございます」の意味を解説していきます。

この言葉は、夜中に何かやりとりした場合に使用されます。

夜中に対応してくれたことへの感謝を示す意味を持つのです。

ビジネスの世界では、夜中でも何かをすることがあります。

夜中は、一般的に深夜に近い時間帯を示すでしょう。

明確な基準はありませんが、会社員であれば22時以降を示すはずです。

そして、深夜にする「何か」は、メール応対、電話応対などが考えられるのです。

「夜分遅くにありがとうございます」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

それでは「夜分遅くにありがとうございます」のビジネスでの使い方・使われ方には、どのようなものがあるのでしょうか。

たとえば、あなたが深夜に残業して仕事をしていたとします。

明日の昼頃に回答がもらえればと考えて、質問メールを出しました。

今は23時なので、回答は明日になると思ったのです。

しかし、意外なことに相手から回答のメールが来ました。

深夜なのに、メールを見て回答してくれたのです。

このような場合には、「夜分遅くにありがとうございます」と返信するとよいでしょう。

あなたが申し訳なく思う様子が相手に伝わるはずです。

この言葉を使う場合は、相手が対応する前に使用してはいけないことに注意しましょう。

たとえば「夜分遅くに、回答をお願いします」という使い方ができないのです。

相手が対応する前に使用するのであれば「夜分遅くに申し訳ないのですが」などに言い換えて使用するのが望ましいでしょう。

「夜分遅くにありがとうございます」を使った例文

ここでは「夜分遅くにありがとうございます」を使った例文を挙げていきます。

そのままでも使用できますし、例文のように感謝の言葉を変更しても使えます。

また、恐縮する気持ちに置き換えて使用するのも一般的です。

・『夜分遅くにありがとうございます』
・『夜分遅くにご対応いただきありがとうございます』
・『夜分遅くに大変申し訳ございませんでした

「夜分遅くにありがとうございます」の類語や敬語での言いかえ

それでは「夜分遅くにありがとうございます」の類語や敬語での言いかえには、どのようなものがあるのでしょうか。

「夜分遅くにありがとうございます」の類似表現

まず「夜分遅くにありがとうございます」の類似表現について解説します。

「夜分遅く」「深夜」と言い換えられます。

表現は異なりますが、意味は概ね同じになります。

「夜分遅くにありがとうございます」の敬語表現

つぎに「夜分遅くにありがとうございます」を敬語表現で言い換えるとどうでしょうか。

たとえば「深夜にもかかわらず感謝申し上げます」という言い換えが可能です。

まとめ

このように「夜分遅くにありがとうございます」は、夜中に対応してくれた相手に感謝を伝えるための定番フレーズです。

深夜でも対応が必要なことはあるので、覚えておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました