「しておられる」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「しておられる」とは?ビジネス用語【一語】

「しておられる」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「しておられる」とは?

これは、「している」ということを尊敬語で表現した言葉です。

「して」「する」という言葉が変形したものになります。

このようにすると、他の言葉との連結が容易な形に変化するのです。

また「おる」「いる」と同等の意味を持つ動詞です。

そして「している」「しておる」は、現在進行形の表現になっているのです。

つまり、このようにすると、「する」という行為が今も続いている様子を表現できます。

ここでは「おる」「おられる」とすることで、尊敬語に言い換えて使用しているのです。

これらのことから、この言葉が「している」ということを尊敬語で表現したものであると分かるのです。

「しておられる」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、先輩が継続的に成果を出しています。

そしてその秘訣を聞くと、普段から努力しているとことを教えてもらったのでした。

このようなケースで、「普段から努力しておられるそうです」と伝えるとよいでしょう。

これにより、努力しているという内容を、敬語で表現できるのです。

この言葉を使うときは、「しておられる」の表現方法に注意するべきです。

これは「していらっしゃる」に置き換えできます。

また、「されている」などに置き換える手段もあるのです。

このように、色々な形で同じような内容を表現できると分かります。

実際の状況に合わせて、適切な敬語表現を選択するとよいでしょう。


「しておられる」を使った例文

例文のように、前後に適切な言葉を付け加えることで、自然な表現を作り出せるのです。

・『努力しておられるようです』
・『苦労しておられるとのことでした』
・『継続しておられるとおっしゃっていました』

「しておられる」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「しておられる」の類似表現

たとえば、「している」が類似表現になります。

「しておられる」「している」は、同じような意味で使えるのです。

なお、この場合は尊敬語の意味が無くなるため、注意するとよいでしょう。

「しておられる」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「していらっしゃる」に言い換えできます。

なお、これはどちらも尊敬語を使った表現になっているのです。

まとめ

このように、「している」ということを尊敬語で表現する場合に、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。