「邁進していく所存です」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「邁進していく所存です」とは?ビジネス用語【一語】

「邁進していく所存です」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「邁進していく所存です」とは?

これは、迷わずに突き進んでいくつもりであることを相手に伝える言葉です。

「邁進」「迷わずに突き進むこと」を意味します。

これは、何かに対して懸命に取り組む様子を表現する言葉になっているのです。

また、「邁進する」と言い換えると、名詞を動詞のように扱える形になります。

そして「邁進していく」は、「邁進」という行為を継続していくような様子を表現したものになるのです。

なお、「所存です」「思っていることです」と同じような意味になります。

ここでは「です」という丁寧語を使って、言葉の印象を変えているのです。

これらのことから、この言葉が迷わずに突き進んでいくつもりであることを相手に伝えるものであると分かるのです。

「邁進していく所存です」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

たとえば、ある仕事を任されていたとします。

そしてこれからも、その仕事に対して、懸命に取り組んでいきたいと考えていたのです。

このようなケースで、「これからも、業務に邁進していく所存です」と伝えるとよいでしょう。

これにより、迷わず突き進んでいくつもりであることを、上手に伝えられるのです。

この言葉を使うときは、「邁進していく所存です」の表現方法に注意するべきです。

これは「邁進していくつもりです」に置き換えできます。

また、「邁進して参ります」なども類似表現になるのです。

さらに、「邁進していく所存でございます」のように、語尾をアレンジする方法もあります。


「邁進していく所存です」を使った例文

例文のように、前段に邁進する対象などを付け加えると、自然な印象の表現にできるのです。

・『これからも、業務に邁進していく所存です』
・『自分のスキルアップに邁進していく所存です』
・『今後も、仕事に邁進していく所存です』

「邁進していく所存です」の類語と敬語での言いかえ

この言葉の類語と敬語を解説していきます。

「邁進していく所存です」の類似表現

たとえば、「邁進していくつもりです」が類似表現になります。

「所存です」「つもりです」は、同じような意味で使えるのです。

「邁進していく所存です」の敬語表現

これを別な敬語表現にすると、「邁進していく所存でございます」に言い換えできます。

まとめ

このように、迷わずに突き進んでいくつもりであることを相手に伝える場合に、この言葉を使用できます。

ビジネスでも使えるので、上手に活用するとよいでしょう。