「明日中には回答できるかと思いますので」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「明日中には回答できるかと思いますので」とは?ビジネス用語【一語】

「明日中には回答できるかと思いますので」という言葉は、社会人であれば言ったことも言われたこともあるのではないでしょうか。

意味や使い方、返答の仕方など簡単に説明します。

「明日中には回答できるかと思いますので」とは?意味

「明日中には回答できるかと思いますので」とは簡単に意味を説明すると、「明日中までには多分返事ができると思います」となります。

少し曖昧な言い回しではありますが、検討中の場合であれば明確に何時までにという返事はできないので、「明日中」つまり相手の定時時間、仕事が終わって帰宅するまでには連絡できると思うというニュアンスを含んでいます。

「明日中には回答できるかと思いますので」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「明日中には回答できるかと思いますので」という言葉は連絡をもらったが、その場ですぐに返事ができず翌日であれば返事ができそうだという状況のときに使われます。

「もうしばらくお待ちください」「今しばらくお待ちいただけると」など、丁寧な言葉ではあるものの、「明日中には回答できるかと思いますので」という言葉よりもさらに曖昧な返事になるため、相手が急いでいる場合は「結局いつ返事をくれるの?」という不快感を与えてしまう可能性があります。

そのため、できるだけ相手を安心させてあげられるように、いつまでにという目途をつけて返事をしてあげましょう。


「明日中には回答できるかと思いますので」を使った例文

・『明日中には回答できるかと思いますので、もう少々お時間をいただければ幸いです』
・『現在、上司とご連絡いただいた件について検討している最中です。明日中には回答できるかと思いますので、改めてご連絡させていただきます』
・『明日中には回答できるかと思いますので、今日のところはこの件を社へ持ち帰らせていただきます』

「明日中には回答できるかと思いますので」の返答や返信例

「明日中には回答できるかと思いますので」という言葉を受けた側が相手に返答する場合には、「明日中にお返事とのこと、了解いたしました。

お忙しいところお手数ですが、よろしくお願いいたします」
とシンプルかつ丁寧に返答しましょう。

「明日中」と時間はわからないものの目途はつけてくれているので、それ以上を要求して関係を悪化させないように注意することも大切です。

まとめ

ここでは「明日中には回答できるかと思いますので」という言葉の意味やビジネスにおいての使い方など、簡単に説明してきました。

ビジネスにおいて、何かを決定する際の返事は遅くなれば遅くなるほど、仕事にも支障をきたします。

メールや電話、口頭での問い合わせに関して返事がない場合は、いつまでに、どういった方法で返事がもらえるかなどを確認しておくと、後々安心ですので使い方や例文を参考にしてみてください。