「上司にも申し伝えておきます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「上司にも申し伝えておきます」とは?ビジネス用語【一語】

「上司にも申し伝えておきます」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「上司にも申し伝えておきます」とは?

「上司にも申し伝えておきます」は、自分の上役にも伝達しておくことを表現した言葉です。

「上司」は、自分より職位が上の者を示す言葉です。

その者の部下である場合に、上役のことを「上司」と表現できます。

また、「申し伝える」「言い伝える」を謙譲語にしたものです。

これは「伝言する」「伝達する」との意味で使用できる言葉になっています。

また、ここでは「申し伝えておく」という表現を用いています。

このようにすると、何かに備えて予め行動する様子を表現できるのです。

なお、語尾には「ます」を加えて、丁寧な表現で語尾を終えています。

これらのことから、上司にも申し伝えておきます」が、自分の上役にも伝達しておくことを表現した言葉であると分かるのです。

「上司にも申し伝えておきます」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「上司にも申し伝えておきます」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、顧客と商談していたとします。

そして、詳細を聞いてみると、かなり重要で大規模な仕事に発展する可能性を秘めていると分かったのです。

このような場合には、「そのようなご用件でしたら、上司にも申し伝えておきます」と述べるとよいでしょう。

これにより、自分の上役にも話をしておくことを、上手に伝達できるのです。

この言葉を使用する際には、「申し伝えておきます」の使い方に注意しましょう。

これは「伝達しておきます」「伝達いたしておきます」のように言い換える事も可能です。

同じような意味の言葉ですが、使い方次第で印象の違う表現にできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「上司にも申し伝えておきます」を使った例文

「上司にも申し伝えておきます」を使った例文を挙げます。

例文のように、前段に説明などを加えると、自然な印象の表現にできるのです。

・『それでは、上司にも申し伝えておきます』
・『この件に関しては、上司にも申し伝えておきます』
・『大変重要な事案かと思いますので、上司にも申し伝えておきます』

「上司にも申し伝えておきます」の類語と敬語での言いかえ

「上司にも申し伝えておきます」の類語と敬語を解説していきます。

「上司にも申し伝えておきます」の類似表現

「上司にも申し伝えておきます」の類似表現には、「上司にも伝達しておきます」があります。

「申し伝えておく」「伝達しておく」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「上司にも申し伝えておきます」の敬語表現

「上司にも申し伝えておきます」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「上司にも伝達いたしておきます」に言いかえできます。

まとめ

このように「上司にも申し伝えておきます」は、自分の上役にも伝達しておくことを表現した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。