スポンサーリンク

「礼節をわきまえる」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「礼節をわきまえる」とは?ビジネス用語【一語】

「礼節をわきまえる」とは?

ビジネスでの使い方、敬語での言い換えなど、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「礼節をわきまえる」とは?

この言葉は、礼儀や節度を十分に心得ている事を言い表した言葉です。

「礼節」「礼儀」「節度」をまとめて表現したものと言えます。

「礼儀」は、「社会のならわしに従った行動や作法」を示します。

そして「節度」は、「度を越さない適当な程度」を意味する言葉なのです。

これらを合わせて、「礼節」とし、それをわきまえる事を「礼節をわきまえる」と表しているのです。

なお、「わきまえる」は、「十分に心得る」との意味で使用できる言葉になっています。

「礼節をわきまえる」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスでこの言葉を使う場合、どのような使い方になるのでしょうか。

たとえば、取引先と費用交渉していたとします。

すると、同席していた先輩が、相手に対して横柄な態度で交渉を進めていたのでした。

このような場合には、「もう少し礼節をわきまえる必要があります」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手に対する礼儀や節度を心得ることを、上手に言いかえて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「礼節をわきまえる」の使い方に注意しましょう。

これは、「わきまえる」という動詞を使用しています。

これに丁寧語の「ます」を付与すれば「わきまえます」のようにできるのです。

使用する状況に合わせて、柔軟に使い分けるとよいでしょう。

「礼節をわきまえる」を使った例文

この言葉を使った例文を挙げていきます。

例文のように、前後に言葉を付け加える事で、自然で分かりやすい文章を作成できるのです。

・『もう少し礼節をわきまえる必要がございます』
・『少しは礼節をわきまえるべきだと思います』
・『今後は、礼節をわきまえるほうがよいのではありませんか』

「礼節をわきまえる」の類語と敬語での言いかえ

それでは、この言葉の類語と敬語での言いかえを説明します。

「礼節をわきまえる」の類似表現

この言葉の類似表現は、「行儀をわきまえる」が挙げられます。

「礼節」「行儀」は意味が違いますが、同じようなニュアンスを持つ類似表現と言えるのです。

「礼節をわきまえる」の敬語表現

この言葉を、別な敬語表現で言いかえるとどうでしょうか。

たとえば、「礼節をわきまえます」のように言いかえできます。

まとめ

このように「礼節をわきまえる」は、礼儀や節度を十分に心得ている事を言い表した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました