スポンサーリンク

「親しい間柄」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「親しい間柄」とは?ビジネス用語【一語】

「親しい間柄」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「親しい間柄」とは?

「親しい間柄」は、親密な関係のことを表現した言葉です。

「親しい」は、「したしい」と読みます。

これは、「互いに打ち解けている」「仲がいい」などの意味を持ちます。

これは、遠慮や引け目などのない、関係性を言い表しています。

そのような関係性のことを示して「親しい」という言葉で表現できるのです。

また、「間柄」「あいだがら」と読みます。

これは「関係」「つきあい」「つながり」などを意味する言葉です。

これらのことから、「互いに打ち解けた関係」のことを、「親しい間柄」という言葉で表現できると分かるのです。

「親しい間柄」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「親しい間柄」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、上司との関係を他人に説明していたとします。

そして、その上司とは、ある案件を通じてとても親密になったのでした。

このような場合には、「そのような経緯もあって、親しい間柄となりました」と述べるとよいでしょう。

これにより、互いに打ち解けた関係のことを、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「親しい間柄」の使い方に注意しましょう。

これは、「親密な関係」「打ち解けたつきあい」などの類似表現で代替可能です。

どれも似たような意味ですが、少し印象の違う言葉になるのです。

使用する状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「親しい間柄」を使った例文

「親しい間柄」を使った例文を挙げます。

例文のように、前後に言葉を付け加える事で、自然で分かりやすい表現を作成できるのです。

・『二人は、親しい間柄だったようです』
・『このような経緯で、親しい間柄となりました』
・『山田部長とは、親しい間柄なのではありませんか』

「親しい間柄」の類語と敬語での言いかえ

「親しい間柄」の類語と敬語を解説していきます。

「親しい間柄」の類似表現

「親しい間柄」の類似表現には、「親密な間柄」があります。

「親しい」「親密な」は、同じようなニュアンスで使用できる言葉なのです。

「親しい間柄」の敬語表現

「親しい間柄」を単独で敬語にはできません。

これを敬語にする場合、言葉を組み合わせて実現する必要があるのです。

たとえば、「親しい間柄でございます」とすれば、丁寧語を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「親しい間柄」は、親密な関係のことを表現した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました