スポンサーリンク

「折り返し責任者からお電話いたします」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「折り返し責任者からお電話いたします」とは?ビジネス用語【一語】

「折り返し責任者からお電話いたします」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「折り返し責任者からお電話いたします」とは?

この言葉は、責任者に対応を委ねるような場面で使用できる言葉です。

この言葉を使用する場面は、自分の責任範疇を超えた対応が必要なケースです。

相手から連絡をもらった上で、自分の判断で対処できない場合に、「折り返し責任者からお電話いたします」という言葉を使用できるのです。

このように述べることで、相手からもらった連絡に、責任者から連絡を返すと表現できます。

なお、ここでは「いたします」という謙譲語を使用しています。

これによって、相手に対して敬意を示す表現にしているのです。

「折り返し責任者からお電話いたします」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「折り返し責任者からお電話いたします」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、顧客から電話を受けたとします。

しかし、その商談の内容はあまりに重要で、あなたの対応可能範囲を超えていたのでした。

このような場合には、「私では判断できかねますので、折り返し責任者からお電話いたします」と述べるとよいでしょう。

これによって、責任者からあらためて連絡することを、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「お電話いたします」の使い方に注意しましょう。

これは謙譲語を除外して「お電話します」と言い換える事ができます。

また、謙譲語のままでも、「お電話差し上げます」などに言い換える事も可能です。

使用する状況に合わせて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「折り返し責任者からお電話いたします」を使った例文

この言葉を使った例文を挙げます。

例文のように、自分では対応できない事などを先に述べると、自然な表現を作り出せるのです。

・『私では対処できませんので、折り返し責任者からお電話いたします』
・『私では判断できかねますので、折り返し責任者からお電話いたします』
・『私では回答いたしかねますため、折り返し責任者からお電話いたします』

「折り返し責任者からお電話いたします」の類語と敬語での言いかえ

「折り返し責任者からお電話いたします」の類語と敬語を解説していきます。

「折り返し責任者からお電話いたします」の類似表現

この言葉の類似表現には、「折り返し責任者からご連絡いたします」があります。

「電話する」「連絡する」は、同じような意味合いで使用できる言葉なのです。

「折り返し責任者からお電話いたします」の敬語表現

この言葉を、別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「折り返し責任者からお電話差し上げます」に言いかえできます。

まとめ

このように「折り返し責任者からお電話いたします」は、責任者に対応を委ねるような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました