「一手に引き受けていた」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「一手に引き受けていた」とは?ビジネス用語【一語】

「一手に引き受けていた」というビジネス用語の意味・使い方・類語・英語を分かりやすく解説します。

「一手に引き受けていた」とは?

「一手に引き受けていた」とは、「複数の仕事をすべて自分がやるべき仕事として請け負っていたこと」を意味しているビジネス用語です。

「一手に引き受けていた」というフレーズには、「全ての仕事を自分の責任でこなして処理する+複数の仕事(物事)を全部引き受けること」といった意味のニュアンスが込められているのです。

「一手に引き受けていた」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「一手に引き受けていた」のビジネスでの使い方は、「全ての仕事を自社(自分)がやらなければならない仕事として引き受けて、責任を持ってこなしていたとき」に使うという使い方になります。

「一手に引き受けていた」は、「複数の仕事・活動を丸ごと継承していた場合」に使われています。

この言葉を使うときの注意点は、「他の会社や人と一緒に、それらの仕事を分担して請け負っていた場合」には使えないということです。


「一手に引き受けていた」を使った例文

「一手に引き受けていた」のビジネス用語を使った例文を紹介していきます。

・『このエリア一帯の電波設備の新規設置とメンテナンスを一手に引き受けていました』
・『行政から委託されて一手に引き受けていた公共事業が無くなってから、業績が急に悪化しました』
・『学校の体育の授業で必要となる体操服の注文を一手に引き受けていました』

「一手に引き受けていた」の類語での言いかえ

「一手に引き受けていた」という言い回しの類語での言い換えを紹介していきます。

「一手に引き受けていた」の類似表現

「一手に引き受けていた」の類似表現には、以下のような言い回しがあります。

・『一人で全て引き受けていた』
「全ての仕事・活動を全部、自分一人で請け負っていたこと」を示しているフレーズです。

・『一人で背負い込んでいた』
「他の人と分担せずに、自分一人で多くの仕事・役割を抱えてその責任を引き受けていたこと」を意味している言葉です。

・『一手に担っていた』
「引き受けていた」という言い回しは、「担っていた」に置き換えても、ほぼ同じ意味を伝えることができます。

「一手に引き受けていた」の英語表現

・『on single handed』
「一手に引き受ける」を意味する英語の慣用句的な表現になります。

・『take oneself all the task(work)』
「すべての仕事をその人が引き受けること」を指し示している英語のフレーズです。

・『take on a lot of work』
「たくさんの仕事をその人が請け負う」といった意味合いを持っている英語の言い回しです。

まとめ

「一手に引き受けていた」というビジネス用語を徹底的に解説しましたがいかがでしたか?「一手に引き受けていた」の意味・使い方・類語・英語について調べたいときは、この記事を参照してみてください。