「との結論に達しました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「との結論に達しました」とは?ビジネス用語【一語】

「との結論に達しました」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「との結論に達しました」とは?

「との結論に達しました」は、結論を述べる場合に使用される言葉です。

「結論」は、「最終的な結果」を意味します。

様々な検討や議論を経て、最終的な結果に到達する事を「結論に達する」と表現します。

ここでは過去形にして「結論に達しました」としています。

また、ここでは「との」という言葉を使用しています。

そのため、たとえば「不採用との結論に達しました」のように、言葉を付け加えて使用する必要があるのです。

結論にふさわしい内容を付け加えることで初めて文章が完成するのです。

「との結論に達しました」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「との結論に達しました」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、ある企業から提案を受けていたとします。

その提案に関して社内で審議を重ねたものの、最終的には不採用とする事になったのです。

このような場合には、「慎重な議論を重ねた結果、残念ながら今回は不採用との結論に達しました」と述べるとよいでしょう。

これにより、不採用という結論を、上手に表現して相手に伝達できるのです。

この言葉を使用する際には、「達しました」の使い方に注意しましょう。

これは「至りました」「到達しました」のように言い換える事も可能です。

どれも同じような意味を持ちますが、少し印象の違う表現になるのです。

使用する状況に応じて、柔軟に使い分けるとよいでしょう。


「との結論に達しました」を使った例文

「との結論に達しました」を使った例文を挙げます。

例文のように、到達した結論に該当する部分を先に述べると、自然で分かりやすい文章を作成できます。

・『不採用との結論に達しました』
・『チーム解散との結論に達しました』
・『サービス終了との結論に達しました』

「との結論に達しました」の類語と敬語での言いかえ

「との結論に達しました」の類語と敬語を解説していきます。

「との結論に達しました」の類似表現

「との結論に達しました」の類似表現には、「との結論に至りました」があります。

「達しました」「至りました」は、同じような意味合いで使用できる言葉のです。

「との結論に達しました」の敬語表現

「との結論に達しました」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「との結論に到達いたしました」に言いかえできます。

まとめ

このように「との結論に達しました」は、結論を述べる場合に使用される言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。