スポンサーリンク

「邁進してまいりたい」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「邁進してまいりたい」とは?ビジネス用語【一語】

「邁進してまいりたい」とは? ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「邁進してまいりたい」とは?

「邁進してまいりたい」は、邁進していきたい場合に使用できる言葉です。

「邁進」は、「まいしん」と読みます。

これは「まっすぐ突き進むこと」を意味する言葉です。

また、「まいりたい」「参りたい」と表記できます。

これは謙譲語であり、「いきたい」との意味で使用できます。

なお、「たい」には自分の願望を表す意味があります。

この「まいりたい」に動詞の「する」が変形した「して」を付与すると、「してまいりたい」になります。

このようにすれば「していきたい」の意味になり、将来に向かって継続していく行動の事を言い表すものになるのです。

「邁進してまいりたい」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「邁進してまいりたい」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、あなたが仕事を任されていたとします。

その仕事が好調だったため、上司から高く評価されたのでした。

このような場合には、「引き続き、邁進してまいりたいと思います」と述べるとよいでしょう。

これにより、継続してまっすぐに突き進みたいと思っている事を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「邁進してまいりたい」の使い方に注意しましょう。

これは、正しい表現ですが、少し違和感のあるものです。

理由は「邁進」「まい」「参りたい」「まい」で読みが重複するためです。

このような不自然な表現を回避するためには、「邁進していきたい」「邁進していく所存です」のように言い換える事もできます。

状況に合わせて、上手に使い分けるとよいでしょう。

「邁進してまいりたい」を使った例文

「邁進してまいりたい」を使った例文を挙げます。

例文のように、何に邁進したいのかを先に述べると、自然で分かりやすい文章を作成できます。

・『今後も、仕事に邁進してまいりたい』
・『引き続き、業務に邁進してまいりたい』
・『これからも、利益向上に邁進してまいりたい』

「邁進してまいりたい」の類語と敬語での言いかえ

「邁進してまいりたい」の類語と敬語を解説していきます。

「邁進してまいりたい」の類似表現

「邁進してまいりたい」の類似表現には、「尽力してまいりたい」があります。

「邁進」「尽力」では意味が違いますが、同じような場面で使用できる言葉だと言えるのです。

「邁進してまいりたい」の敬語表現

「邁進してまいりたい」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「邁進していきたく存じます」に言いかえできます。

まとめ

このように「邁進してまいりたい」は、邁進していきたい場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました