スポンサーリンク

「落胆の色が隠せない」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「落胆の色が隠せない」とは?ビジネス用語【一語】

「落胆の色が隠せない」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「落胆の色が隠せない」とは?

「落胆の色が隠せない」は、がっかりしている様子を表現する言葉です。

「落胆」とは、「がっかりすること」「落ち込んでいること」を示す言葉です。

これを「落胆の色」とすれば、そのような様子や態度を指し示す言葉になるのです。

なお、ここでは「隠せない」という言葉を組み合わせています。

このように表現する事で、隠せないほどに落ち込んでいる様子を示しているのです。

これは、落胆の度合いが大きいことを示す言葉になっています。

つまり、「落胆」の程度を、「隠せない」という言葉で強調しているとも言えるのです。

「落胆の色が隠せない」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「落胆の色が隠せない」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、先輩が大型案件を失注したとします。

あと少しで受注できるところであったのに、ライバル企業に受注されてしまったのです。

このような場合には、「流石に今回は、落胆の色が隠せないようです」と述べるとよいでしょう。

これにより、とても落ち込んでいる様子を、上手に言い換えて表現できるのです。

この言葉を使用する際には、「隠せない」の使い方に注意しましょう。

これは平易な言葉です。

これを丁寧に言い換えれば「隠せません」となります。

使う状況に応じて、適切な形に変化させて使用するべきなのです。

「落胆の色が隠せない」を使った例文

「落胆の色が隠せない」を使った例文を挙げます。

例文のように、前後に言葉を付け加える事で、自然な文章を作成できます。

・『さすがに今回は、落胆の色が隠せないようです』
・『あまりの出来事に、落胆の色が隠せないと思います』
・『想像以上の失敗に、落胆の色が隠せないのではありませんか』

「落胆の色が隠せない」の類語と敬語での言いかえ

「落胆の色が隠せない」の類語と敬語を解説していきます。

「落胆の色が隠せない」の類似表現

「落胆の色が隠せない」の類似表現には、「落ち込んでいる様子が隠せない」があります。

「落胆の色」「落ち込んでいる様子」は、同じようなニュアンスで使用できる言葉なのです。

「落胆の色が隠せない」の敬語表現

「落胆の色が隠せない」を別な方法で敬語表現にするとどうでしょう。

たとえば「落胆の色が隠せません」に言いかえできます。

なお、この場合は丁寧語の「ます」を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「落胆の色が隠せない」は、がっかりしている様子を表現する言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました