スポンサーリンク

「以下の内容で」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「以下の内容で」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

「以下の内容で」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「以下の内容で」とは?

「以下の内容で」は、文書などで内容を後述する場合に使用できる言葉です。

ビジネスでは、横書きが基本です。

メールでもドキュメントでも、現代では横書きが一般的に使用されているのです。

そのため、何かを後述した場合には、「以下の」という表現を使用します。

これによって、文章の進む先を指し示す事ができるのです。

なお、ここでは「以下の内容で」としています。

これは、言葉を続けて様々な使い方ができるのです。

たとえば、「以下の内容です」「以下の内容でお願いします」のように、後ろをどのように続けるかによって、様々な使い方ができるのです。

「以下の内容で」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「以下の内容で」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、会議を開催する事にしたとします。

そして、その会議の案内には、当日の議題を記載しておくことにしたのです。

このような場合には、「当日の議題は、以下の内容でお願いいたします」と記載するとよいでしょう。

これにより、議題の内容を列挙した上で、その箇所を指し示す事ができるのです。

この言葉を使用する際には、「以下の」の使い方に注意しましょう。

これは「下記の」「次の」等に言い換える事も可能です。

また、縦書き文書であれば「左記」と表現することもあるのです。

使用する状況に応じて、適切な言葉を選択するとよいでしょう。

「以下の内容で」を使った例文

「以下の内容で」を使った例文を挙げます。

例文のように、語尾を簡素に終了しても良いですし、言葉を続けてアレンジする事もできます。

・『議題は、以下の内容です』
・『今期の計画は、以下の内容でお願いいたします』
・『当日の段取りは、以下の内容で進めたいと思います』

「以下の内容で」の類語と敬語での言いかえ

「以下の内容で」の類語と敬語を解説していきます。

「以下の内容で」の類似表現

「以下の内容で」の類似表現には、「下記の内容で」があります。

「以下の」「下記の」は、同じような意味で使用できる言葉なのです。

「以下の内容で」の敬語表現

「以下の内容で」を単独で敬語にはできません。

これを敬語にする場合は、言葉を組み合わせる必要があるのです。

たとえば「以下の内容でお願いいたします」とすれば、謙譲語を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「以下の内容で」は、文書などで内容を後述する場合に使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました