スポンサーリンク

「現在、都合がつかない状況です」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「現在、都合がつかない状況です」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

この記事では「現在、都合がつかない状況です」について解説をします。

スポンサーリンク

「現在、都合がつかない状況です」とは?意味

今、何かをするのに具合がよくない、日程をやりくりすることが難しいという意味です。

「現在」は、この言葉を述べている時点を指しています。

「都合」は、物事をするときの他に影響を与える事柄、具合がよい・悪い、やりくりすることという意味です。

「都合をつけて出かける」のような使い方をし、この例の場合だと日程をやりくりするという意味で「都合」を用いています。

「つかない」「つく」「ない」で打ち消しています。

「つく」は解決する、落着するという意味です。

つまり、「つかない」は解決できない、まとまらないという意味になります。

「状況」は、そのときどきで変わるありさまのことです。

「です」「だ」「である」の丁寧な表現で、改まった気持ちを表します。

「現在、都合がつかない状況です」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、何かを断るときに用いられます。

頼まれたことをするには、それを行うための時間が必要です。

都合がよくないとできないということです。

つまり、都合がつかないことを理由に断ることができるのです。

「無理です」「できません」という伝え方では、相手を不快にさせる可能性があります。

断るときに意識したいことは「それなら仕方がない」と相手が納得をすることです。

「都合がつかない状況です」といわれれば、それなら仕方がないと思えることでしょう。

しかし、どのような都合なのか疑問を感じます。

そこで、「先約があるので」など、相手が納得しそうな理由をいくつか考えておくとよいでしょう。

また、相手の気持ちに配慮して、「申し訳ありませんが」など一言添えることが望ましいです。

「現在、都合がつかない状況です」を使った例文

・『申し訳ありませんが、現在、都合がつなかい状況です』

「現在、都合がつかない状況です」の返答や返信例

何らかの事情があって、こちらの要望には応えられないようです。

無理にお願いをしても、こちらの要望を通すことは難しいでしょう。

相手の事情を考えずに無理に要望を通そうとすると、関係を悪化させかねません。

しばらくすれば、都合がつく状態となる可能性があるので、そのときにお願いをしてみるとよいでしょう。

次回はよろしくお願いしますという気持ちを伝えておきます。

まとめ

この言葉は、何かを断るときに用いるものです。

「無理です」「だめです」という表現では相手を不快にさせるので、こういった別の表現をするように心がけてみてください。

相手を不快にさせないためには、丁寧な伝え方をすることが大切です。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました