「とても勉強になりました」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「とても勉強になりました」とは?ビジネス用語【一語】

この記事では「とても勉強になりました」について解説をします。

「とても勉強になりました」とは?意味

非常に学ぶものがありましたという意味です。

「とても」は程度がはなはだしいことを表す言葉です。

「とても」を使うことで後に続く事柄の程度を強調することができます。

「とても暑い」「とてもお腹が空いた」「とても疲れた」のような使い方をします。

「勉強」は学問や技術を身につけること、経験を積むことです。

学校で教えられる数学や国語などの勉強のことだけでなく、社会人としてのマナーを身につける、技術を身につけるなどのこともいいます。

「なり」「なる」のことで、ある状態に変わるという意味です。

「ました」は、敬意を表す「ます」と、過去や完了を意味する「た」をつなげています。

「とても勉強になりました」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、話し手が知識や技術を身につけることができたとき、経験を積んだときに用います。

新入社員が先輩と一緒に営業に行くことで説明をします。

新入社員なので、まだ営業の経験がほとんどありません。

相手先ではどのような言葉遣いをしたらよいのか、どういった話をすればよいのかなど、営業の基本がわかっていません。

そこで、先輩に教えてもらうために、一緒に営業に行くことになりました。

新入社員は先輩の様子を見て、どのような言葉遣いをするのか、どのようなことを話すのかなどを学んでいきます。

そうして、それを繰り返すことで、知識が身についてきました。

実際に一緒に行動をすることで経験を積むこともできました。

知識が身についた、経験を積むことができたというのは、勉強になったということができます。

そのことを相手に伝えるときに「とても勉強になりました」という言葉を使います。

「とても」「たいへん」と言い換えることができます。


「とても勉強になりました」を使った例文

・『とても勉強になりました。ありがとうございます』

「とても勉強になりました」の返答や返信例

勉強になったのはよいことです。

知識や技術が身についたり、経験を積んだりすることで、その人は成長していくことができます。

部下が成長をしてくれれば、仕事を任せることができ、仕事の効率がよくなることが期待できます。

他の機会にも勉強させることができるなら、そのことを伝えるとよいでしょう。

多少手間がかかるかもしれませんが、学ばせることは会社にとってメリットになるはずです。

まとめ

この言葉は、話し手自身が知識を得たり、技術を身につけたり、経験を積んだときに述べるものです。

「あなたのおかげで成長できました」と暗に伝えることもできます。