スポンサーリンク

「誤ってメールを送信してしまいましたこと深くお詫び申し上げます」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「誤ってメールを送信してしまいましたこと深くお詫び申し上げます」とは?ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク

この記事では「誤ってメールを送信してしまいましたこと深くお詫び申し上げます」について解説をします。

スポンサーリンク

「誤ってメールを送信してしまいましたこと深くお詫び申し上げます」とは?意味

本当は送るはずではなかったメールを送ったことについての謝罪の言葉です。

「誤って」は間違ってという意味です。

つまり、「誤ってメールを送信」は、本来は送るはずではなかったメールを送ったという意味になります。

「して」「し」は、動作や行為を行うという意味の「する」です。

送信をしたのは話し手側です。

「してしまいました」「た」は、過去や完了を表します。

つまり、すでにメールは送られているということです。

「お詫び申し上げます」は相手の許しを求める意を表します。

「申し上げます」「申し上げ」は、「言う」の謙譲語の「申し上げる」です。

「誤ってメールを送信してしまいましたこと深くお詫び申し上げます」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、メールを間違って送ったときに用います。

気をつけていても間違えることはあります。

だからといって、間違いをそのままにしておいてよいのではありません。

間違えたことで相手に迷惑をかけたのなら、謝罪をすることが望ましいです。

誤ったメールを受け取った側は「なぜこのようなものが送られてきたのだろう」と思うことでしょう。

不快に感じる人もいるかもしれません。

そのため、間違ってメールを送ったなら、そのことを謝った方がよいでしょう。

「深く」と言葉をつけることで、心の底から申し訳ないと思っている気持ちを表すことができます。

しかし、間違ったメールを受け取ったくらいで非常に怒る人はそういないので、「深く」という言葉をつけなくても問題ありません。

「誤ってメールを送信してしまいましたこと深くお詫び申し上げます」を使った例文

・『先ほどは誤ってメールを送信してしまいましたこと深くお詫び申し上げます』

「誤ってメールを送信してしまいましたこと深くお詫び申し上げます」の返答や返信例

メールのことについて謝罪をしています。

誤ったメールを受け取ったくらいで大きな損害はでないので、許すことが一般的でしょう。

「気にしていません」など相手を許す言葉を伝えます。

許しの言葉を伝えることで、相手は安心できます。

気にしていないからといって返事をしないと、怒っているのではないかと思われてしまいます。

できれば返事を出しましょう。

まとめ

この言葉は、間違えてメールを送ってしまったときに述べるものです。

たくさんの人にメールを送るときに、本来は送るはずでない人に送ってしまうことがあります。

もしも間違いに気づいたなら、すぐに謝罪をしましょう。

このページを見ている人におすすめの「商品」
正しい敬語の使い方を学ぶなら最後はやっぱり「本や電子書籍」などがおすすめです。
ビジネス用語【一語】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語辞典 シティワーク
タイトルとURLをコピーしました