「ご機嫌伺い方々」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「ご機嫌伺い方々」とは?ビジネス用語【一語】

「ご機嫌伺い方々」とは?

ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解説していきます。

「ご機嫌伺い方々」とは?

「ご機嫌伺い方々」は、「ご機嫌伺いのついでに」のような意味で使用できる言葉です。

「ご機嫌伺い」は、相手の状況や機嫌を伺うことを示します。

つまり、取引先などに近況を尋ねたりする行為の事を「ご機嫌伺い」という言葉で表現するのです。

なお「方々」「ついでに」との意味で使用されます。

「ご機嫌伺い方々訪問したいと思います」のように使用する事で、「ご機嫌伺いのついでに訪問したいと思います」という事を、上手に言い換えて表現できるのです。

このように「方々」を使用する事で、こなれた印象の言葉の使い方になるのです。

「ご機嫌伺い方々」のビジネスでの使い方、使うときの注意点

それでは、ビジネスで「ご機嫌伺い方々」を使用する場合、どのような使い方になるでしょう。

たとえば、取引先と電話していたとします。

そして、近いうちに、相手のオフィスを訪問したい旨を伝達する事にしたのでした。

このような場合には、「ご機嫌伺い方々、そちらを訪問したいと存じます」と述べるとよいでしょう。

これにより、相手の近況を聞きがてら訪問したいという気持ちを、上手に言い換えて相手に伝達できるのです。

この言葉を使用する際には「方々」の使い方に注意しましょう。

これは「ついでに」「がてら」という言葉で代替できるものです。

「方々」を使用してもよいですが、それぞれに印象の違う表現になるのです。

相手や使う状況に合わせて、柔軟に使い分けるとよいでしょう。


「ご機嫌伺い方々」を使った例文

「ご機嫌伺い方々」を使った例文を挙げます。

例文のように、「訪問したい」などを組み合わせて使用すると、自然で分かりやすい文章を作成できます。

・『ご機嫌伺い方々訪問したいと思います』
・『ご機嫌伺い方々そちらに伺いたく存じます』
・『ご機嫌伺い方々訪ねたいと考えております』

「ご機嫌伺い方々」の類語と敬語での言いかえ

「ご機嫌伺い方々」の類語と敬語を解説していきます。

「ご機嫌伺い方々」の類似表現

「ご機嫌伺い方々」の類似表現には、「ご機嫌伺いがてら」があります。

「方々」「がてら」は、同じような使い方ができる類似の言葉だと言えるのです。

「ご機嫌伺い方々」の敬語表現

「ご機嫌伺い方々」は既に敬語になっています。

さらに敬語表現を追加する場合は、組み合わせる言葉を使って表現します。

たとえば、「ご機嫌伺い方々訪問いたします」とすれば、謙譲語を使用した敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「ご機嫌伺い方々」は、誰かを訪問する場合などに使用できるフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、おぼえておくとよいでしょう。