スポンサーリンク

「どのようにお考えですか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「どのようにお考えですか」とは?ビジネス用語【一語】

「どのようにお考えですか」を解説していきます。

気になるビジネス敬語を、しっかり勉強しておきましょう。

スポンサーリンク

「どのようにお考えですか」とは?

「どのようにお考えですか」「相手の考えを尋ねる」という意味合いがあります。

先方の意見や考えを引き出したい場合に用いられます。

「どのようにお考えですか」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

「どのようにお考えですか」は、専門家の意見を尋ねたいときに引用します。

顧問弁護士や税理士など、専門職に就いている人の意向を尋ねるときに使われます。

一方で「どのようにお考えですか」は、相手を論破したい場合にも適用されます。

強い語調を含んだ言い方なので、温和なやり取りをしたいときには好ましくない表現です。

他の言葉もインプットしておき、適切に用いていきましょう。

「どのようにお考えですか」を使った例文

・『先生はどのようにお考えですか』
・『この問題について、どのようにお考えですか』
・『どのようにお考えですか。お聞かせください』

「どのようにお考えですか」の類語や敬語での言いかえ

「どのようにお考えですか」の言いかえとして「ご意見をお聞かせください」があります。

「ご意見」と敬いの表現が加わっているので、先方を立てるニュアンスが生まれます。

「ご協力いただけたら幸いです」と追記すると、へりくだってお願いができます。

「どのようにお考えですか」の類似表現

「どのようにお考えですか」とよく似た言い方に「どのように思われますか」があります。

直接顔を合わせる場で、単純に質問したいときに使います。

ラフな言い回しなので、端的にまとめたい場合に活用してみましょう。

「どのようにお考えですか」の敬語表現

さらに丁寧に伝えたいなら「ご意見をお聞かせいただければ幸いです」「ご意見をお聞かせいただきたく存じます」といいます。

どちらも目上の方の意向を尋ねるときに使います。

ただこの文だけ用いると、一方的と感じることもあります。

ビジネスメールであれば「ご多忙のことと存じますが」などワンクッション挟んでから、依頼していきます。

より丁寧な文を組み合わせて、使ってみてください。

「どのようにお考えですか」の返答や返信例

このような文をもらったら、適切な内容を返していきます。

「ご質問いただき、ありがとうございます」とお礼を述べてから、具体的な内容を書き添えます。

また「ご質問いただいた件について、ご回答申し上げます」と答えることもできます。

まとめ

「どのようにお考えですか」の意味と使い方を学びました。

この表現は先方の意向や考えを尋ねるときの言い方です。

ただ使い方によっては、威圧感を与えてしまうこともあります。

他の言い回しも覚えておき、適切に用いていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました