スポンサーリンク

「微力ながら尽力いたします」とは?言葉の使い方や例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「微力ながら尽力いたします」とは?ビジネス用語【一語】

「微力ながら尽力いたします」を解説していきます。

社会人の知識を、今すぐ身につけていきましょう。

スポンサーリンク

「微力ながら尽力いたします」とは?意味

「微力ながら尽力いたします」とは「ささやかながら、お手伝いさせていただきます」の訳です。

謙遜しながら、自分のことを伝える言い回しとなります。

一緒に仕事をしていく取引先や、チームメイトに対して用いていきます。

「取るに足りない力ですが、どうか協力させてください」という思いが込められています。

もともと「微力ながら尽力いたします」「微力」とは、小さな力のこと。

自分の能力を、控えめに伝える語句です。

そして「尽力いたします」は自分の力を最大限発揮することを、あらわす表現です。

適切に使っていくと良い印象を与えることができるので、頭にインプットしておきましょう。

「微力ながら尽力いたします」の上司や目上に使うときの注意点

「微力ながら尽力いたします」は、目上の方に対して使える表現です。

「いたします」には謙譲語としての働きがあるので、自分をへりくだらせ相手を立てる言い方になります。

部下や後輩につかうと違和感がありますが、上司や仕事関係者であればナチュラルに聞こえます。

またとくに高い地位にある方に対しては、語尾を変えてこのような言い方にしていきます。

「微力ながら尽力する所存でございます」または「微力ながら尽力させていただく所存でございます」です。

このように「~の所存でございます」「思っています」をより慇懃正しく伝える表現になります。

重みのあるフレーズに変わるので、立派な役職を与えられた際の応答文として覚えておくと便利です。

「微力ながら尽力いたします」を使った例文

・『御社のご発展のために、微力ながら尽力いたします』
・『微力ながら精一杯、尽力いたします。よろしくお願い申し上げます』
・『後任の山田でございます。微力ながら尽力して参りますので、よろしくお願いいたします』

「微力ながら尽力いたします」の返答や返信例

「微力ながら尽力いたします」という表現には、相手が力を貸してくれる場合に使われます。

協力して大きな仕事をしていくという、ある種の決意表明にも聞こえます。

ありがたくその思いを、受けとめていきましょう。

「ご連絡いただき、誠にありがとうございます」とまずはお礼の言葉を述べます。

「このようなお言葉をいただき、非常に心強いです。

こちらこそ、宜しくお願いいたします」
と返信していきます。

あまり返信文を長くすると、相手の負担になってしまうこともあります。

状況にあわせて、適宜こちらの気持ちをお送りしておきましょう。

爽やかなやり取りを心がけたいものです。

まとめ

「微力ながら尽力いたします」の意味をおさらいしました。

「微力ながら尽力いたします」とは、一緒に仕事する目上の方につかいます。

自分の力を控えめにお伝えする、とても謙虚な言い回しです。

よく用いられる常套句なので、ぜひ頭に入れておいてください。

タイトルとURLをコピーしました